まいにち笑顔のNyao Blog

商品レビュー、暮らしの工夫、ハンドメイド等についてのご紹介。

冬の自転車通勤・通学、ボア調アイテムで隙間を防いで防寒対策

自転車に乗っている所

ただでさえ空気の冷たい冬、その中を自ら風を起こし、走り続けなければならない自転車通勤・通学。

なかなかの試練です。

私は毎日、「片道6キロ、時間にすると30分」の自転車通勤をもう何年もしています。

住んでいる地域の真冬の朝の気温は3℃くらいです。

防寒対策にも年々気合が入り、今年は顔面マスクを導入しそうな勢いです。

そんな私が行っている防寒対策を、これから自転車で通勤や通学される方、何らかの理由で冬場に自転車に乗ることを強いられた方に、是非読んで頂きたいと思います。

冬の自転車通勤・通学、ボア調アイテムで隙間を防いで防寒対策

冬場に30分冷気を浴びていると、身を縮めるせいか肩も凝るんですよね。

冬は、朝にぬくぬくの布団から起き上がるのも辛いのに、通勤・通学の自転車で冷気攻めの過酷な毎日は、なかなかの試練ですので!防寒対策で和らげて、快適な自転車ライフにしましょう!

首から上のゾーンに着用するアイテム

まずは首から上の無防備な部分を覆っていきます。

マフラーやボア調のネックウォーマーを装着

マフラー

まず、寒さを防ぐためには、服の隙間から入る冷気を、とにもかくにも防ぐしかありません。

首元から風が入ると、全身に寒さが伝わるので、まずはここを完璧に防ぎましょう。 ただマフラーを巻いただけでは隙間ができてしまうので、ネックウォーマーを使用しますが、ネックウォーマーにも色々な大きさ形があります。

色々な生地のネックウォーマーを使ってきましたが、寒さを防げた素材は毛足の長いふわふわした素材や、羊毛のような空気を含むタイプのものでした。

伸び縮みがあり、首にしっかり密着するぐらいの直径のものを選びます。

そして、更にその上にストールを2回ほど巻きつけ、風で取れてこないように、巻き終わりをクリップで留めたり、しっかり結びます。

マフラー

初めから輪になっている、大き目のムートン調のマフラーを装着すると巻く手間もなく楽で温かいです。

マスクをする

マフラーをはめたら、次に装着するのはマスクです。

風邪ひきや、花粉などに使用するマスクです。

マスクは顔の半分を覆ってくれるので、2枚重ねにすると防寒になります。

実際に顔面を覆いつくし目の部分だけ開いたマスクも販売されていますが、まだそこまでたどり着けていません。

イヤーウォーマー

耳あて

耳は防寒すると感じる寒さは30%オフ!に感じるくらい重要です。

外した時に、襲い掛かる身震いが物語っています。

耳あても様々なタイプのものがありますが、男性の方ですと、ヘッドホンタイプでもコンパクトなものを選ばれるか、後ろからハメるタイプや耳たぶにはめて包み込むカバータイプのものもあります。

カバータイプですと、電車などで鞄にしまえて便利ですね。

ヘッドホンタイプのものは、耳側が平らになった物の方が安定感もあり、密着するので防寒には優れています。

ボア調の帽子

帽子

頭の防寒を忘れてはいけません。

毛糸の帽子、ボア調の温かみのある生地の物が暖かいです。

体の中央ゾーンに使用するアイテム

体の中央は服に覆われていますが、隙間がありますので防いでいきます。

手袋は厚手

手袋手袋

手袋は二枚重ねがおすすめです。

一枚は薄手の手袋、その上に中が毛布のようになった手袋をはめると、とても暖かいです。

しかし、分厚くなりすぎて、ハンドルを握る感覚や、ブレーキをかけるときにスルリと滑ってしまっては危険ですので、手袋は手のひら側に滑り止めが付いているものがベストです。

皮の手袋も内側がスウェード調ですと良いのですが、そうでなければ皮が冷えて冷たいです。

インナー

インナー

そして服装なのですが、近年ヒートテックが主流となり、「薄くても暖かい」と言う何とも有難いアイテムがありますので、しっかり着込みましょう。

二枚重ねで着用している!なんて声も聞きます。

カーディガンや薄手のダウン

ダウン

アウターを着る前に、薄手のダウンや自分のサイズよりもワンサイズ大きなカーディガンなどを、一枚着込むと被服内気候も上がり、暖かさがアップします。

薄手のダウンは、かなり重宝します。

最近はVネックのダウンも販売されていますが、丸ネックのダウンをお持ちの方は、写真のように内側にVに織込めば、アウターのフロントデザインがVになっていても、スッキリと見せることができます。

このダウンやカーディガンが一枚が有ると無いとでは、寒さが全く違ってきます。

脚ゾーンに着用するアイテム

自転車をこいでいる時は、大活躍の足ですが、ここも防寒対策を施せば暖かさUP!です。

巻きスカートやストール巻く

巻きスカート

女性の方は下半身の冷え対策に、スカートのような防寒具が販売されていますので活用しましょう。

着用の有り無しで、走っている時の体感温度が全く変わってきます。

フリース素材のものより、外側がキルティングやナイロン素材で風を通さず、内側はムートン調の素材になっているものが暖かいです。

ポケットが付いていて、カイロが入れらるタイプもあります。

色は黒や濃いめのグレーを選ばれると、大概のファッションに馴染んでくれると思います。

専用の巻きスカートがなくても、大判のストールを巻いてスカートの様にしてしまえば温いです。

足の冷えない不思議な靴下

靴下

足の冷えない不思議な靴下。確かに冷えません。

冷え切った足に履いても温まると言う訳ではないですが、温まった足に履くと暑いほどです。

こちら、毎年ヘビーローテーションしているほど気に入っています。

靴の中にカイロを仕込む

ブーツ

足元は、足先の冷えが感じにくいのは、すばりムートンブーツです。

ブーツを履く前に、足裏カイロをつま先に貼ってから、履くと靴の中はポカポカです。

男性の方も、靴のこうに余裕があれば、ムレ防止の中敷きを敷いてからカイロを仕込みましょう。

カイロに関しては厚手の靴下を履き、足の裏のつま先と足首に貼り付けておけば、血の巡りも良くなります。

カイロを背中・腹に貼る

カイロ

カイロは腰やお腹に貼ると、循環する血も温まるような感覚がして必ず貼っていましたが、調べてみましたところ、実際に背中側に「命門のツボ」と言うツボがあり、カラダを芯から温めたいときは、このツボを温めると良いそうです。

昨年の冬は、腕にもミニカイロを貼っていましたが、これもお勧めです。

レッグウォーマー

ズボンにゆとりがあれば、レッグウォーマーを仕込んで下さい。

ワイドパンツですと、レッグウォーマーも窮屈感なく装着できます。

暖かいアウターは、やっぱりダウン

ダウンを着た女性

コートに関してはダウンコートが暖かいのは言うまでもないのですが、極めつけはフードがついているものを被る!それが暖かいです。

しかし、フードをかぶると視界が悪くなり、左右確認の時に視界が悪くなりますのでご注意ください。

普通のコートも、下にカーディガンや薄手のダウンで寒さ知らずになれます。

あとがき

こちら全て装着には3分ほどかかりますので、毎日同じ位置に置いてルーティン化しておくと、速やかに装着できるようにしておくとスムーズです。

体の冷えは万病の元なので、しっかり寒さ対策をして、冬でも快適に自転車通勤ライフを送ってください。