まいにち笑顔のNyaoBlog

商品レビュー・暮らしの工夫・ハンドメイド等のご紹介

ワイヤーアレンジ、音符イヤリングの作り方~簡単曲げれば出来上がる!

イヤリング

音楽好きな方はいらっしゃいませんか~♪(^o^)

音符のイヤリングはいかがですか~♬

と言うことで、ワイヤーをアレンジして、ト音記号と音符のイヤリングを作成してみました。

ワイヤーアレンジは思いついたデザインを、紙に一筆書きすることが出来れば、それをなぞりワイヤーを曲げていけば、大概は完成するのではないかと思いますので、これからジャンジャン作って行きたいと思います。

では、作り方いってみましょう。(^-^)

ワイヤーアレンジで音符イヤリング

ワイヤー

今回使用したワイヤーはこちらです。

Artistic Wire 0.81㎜ 5.5m巻き。

光沢があり、色味も綺麗なゴールドで、ワイヤーは柔らかめなので、とても曲げやすいです。

柔らかい分、傷もつきやすいのでヤットコで強くはさんだり、しごいたりすると傷がつきますのでご注意ください。

用意するパーツ

アクセサリーパーツ

  • カットしたワイヤー  6cm、10cm

  • しずく型ガラスビーズ お好きな色2色✖2個

  • 丸カン        4㎜✖2個

  • ノンホールピアス   1組

用意する道具

ヤットコ類

丸ヤットコ、ニッパー、平ヤットコ

音符イヤリングの作り方

イヤリング作り方1

1. 6cmのワイヤーを指で真っ直ぐに伸ばします。

2.丸ヤットコでワイヤーの端をはさみます。

3.そのまま手首をひねり、輪を作ります。

4.こんな感じです。

イヤリング作り方2

5.輪の下、3cm部分を指でつまみ持ち、ゆっくりと写真のように曲げます。

6.これくらい曲げます。

7.更に、右方向に曲げます。この時ワイヤーは手前を通るようにします。

8.ビーズを2色通します。

イヤリング作り方3

9.写真10の状態になるように、ニッパーで余分なワイヤーをカットします。

10. 音符♩のできあがりです。

11.10cmのワイヤーを、指で真っ直ぐに伸ばします。

12.ワイヤーの端を、丸ヤットコではさみます。

イヤリング作り方4

13.挟み持ったヤットコは動かさず、ワイヤーを上方向へ曲げます。

14.この状態にまで、グイっと回し曲げます。

15.指で写真の位置を、つまみ持ちます。

16.親指にそわせて、ワイヤーを曲げます。

イヤリング作り方5

17.真っ直ぐ下にワイヤーを下ろしますが、この時、輪の後方へ下ろします。

18.下ろしたワイヤーの先から、ビーズを通します。

19. 写真の位置で、ビーズを止めます。

20.ワイヤーの先に、丸ヤットコで輪を作ります。

イヤリング作り方6

21.更に写真のように曲げます。そして、中心のカーブ部分は、真っ直ぐ下ろしたワイヤーの、後方になるようにしてください。これで全体がホールドされます。

22.丸カンの隙間から半分を、平ヤットコでつまみ持ちます。

23.もう半分を指でつまみ、平ヤットコを後方へスライドさせて輪を開きます。

24. 開いた輪に、ノンホールピアスを通します。

イヤリング作り方7

25.ト音記号を通します。この時、実際にイヤリングをつけた時に、デザインが逆にならないように通してください。

26.丸カンを閉じます。閉じる時に指でやりにくい場合は、丸ヤットコではさむと閉じやすいです。

27.音符も同じように、ノンホールピアスに付けます。

28.完成です。(^-^)

下記のワイヤーは種類が違いますが、太さも同じで巻きの長さは倍くらいある上に、二色セットでお買い得です。

あとがき

イヤリング

実際に出来上がったイヤリングは3cmほどの小振りの物になります。

もっと大きくしたい場合は、長めにワイヤーをカットして曲げる位置を調節してください。

ト音記号は、作る人によって若干違う形になるので、それもまた個性が出て見ていて楽しいです。

音符って見てるだけでも、何だか元気になりませんか?私だけ?(^^;)

耳元で揺れていると、音楽を奏でてくれているようで元気顔に見えますよ。♩(^-^)

是非、作ってみてくださいね。

www.nyaoblog.com