まいにち笑顔のNyao Blog

商品レビュー、暮らしの工夫、ハンドメイド等についてのご紹介。

アクセサリー作りに使うヤットコや丸ペンチについて

私はアクセサリー作りが大好きで、ワイヤーを曲げてデザインリングを作ったり、イヤリング、ピアス、ブレスレット、ネックレス等を手持ちの服に合わせて、デザインして楽しんで作っています。

中でもイヤリング作りにハマっていて、作っている時の集中して「無」になる事が新鮮で、日常生活では、なかなか「無」になることはないので、作っていてとても頭がスッキリします。

そして、出来上がった時の、達成感や充実感も味わえますので、物作りの素晴らしさを実感しています。

作り始めて1年も経っていないのですが、作り始めた時に必要な道具を揃えるのに、手頃な値段の物を購入していましたが、使い勝手が良くなかったりで、何度も買い替えました。そこで、使って良かったと言う道具を介したいと思います。

アクセサリーに使う道具や部品

アクセサリーを作るには色様々な道具や部品が必要です。

重要なのはやはり、「作る道具」なので参考になればと思います。

道具

平ヤットコ、丸ヤットコ、ニッパー、ハサミ、ヤスリ、ユビカン等など。

部品

ワイヤー、丸カン、9ピン、ビーズ、イヤリングやピアスの本体など。

当初は、平ヤットコとニッパーの存在は知っていましたが、丸ヤットコって何?の状態でした。そんな状態なので、とりあえず百均に行ってみると見事に全部揃いました。すごいですよね百均、なんでも揃います。

色々な丸ヤットコ

丸ヤットコはアクセサリー作りで、大活躍するヤットコになります。真っ直ぐなワイヤーに輪っかを作ったり、カーブをつけたりするための道具になります。

この道具がアクセサリー作りの鍵になるので、思うような仕上がりのヤットコに辿り着くのに、遠回りをしてしまいました。経緯を追っていきます。

  • まず百均の丸ヤットコを購入。これは、アクセサリー専用ではなかった為、先がデコボコ荒くアクセサリーの部品を傷つけてしまい、完成したのに輝きのない中古品みたいに仕上がってしまいました。しかし、初めに練習で使用するのには、何ら問題はありません。デコボコしていると傷は付きますが、ホールド感はあります。

  • 次にホームセンターで、500円くらいの物を購入しました。が、しかしこれまた不具合に。今度は先がつるつるすぎて、アクセサリーの部品をつまむと、ツルッと飛んで行く始末で、力を込めて握ればつまめたのですが、力の入れ過ぎで指が痛くなってしまいました。

  • そして性懲りもなく、またもや百均で違うタイプの丸ヤットコを購入。バネも緩いので、握るのに力を込めなくても大丈夫なのですが、先が太めなので、ワイヤーを丸める直径が大きいものしかできず、出来上がりに納得が行かない為、これまた断念。(小さい直径が作りたいので)

  • ここにきてようやく「初期投資は必要だ。」の考えに辿り着きました。失敗を重ねなきゃ成長しませんね何事も。しかし、こう言った事はお金が掛かるので、出来れば近道で良いものに辿り着きたいですよね。

マルト長谷川KEIBA(ケイバ) プロホビー 丸ペンチ・先細ショートタイプ HRC-D24 スプリング付

丸ペンチ

左がケイバの丸ペンチ(ヤットコ)で、1700円くらいです。が、定価はもっと高く3000円くらいです。私は手が小さいのでショートにしました。長いタイプもあります。ケイバのこの丸ペンチを使用した時、あまりにも簡単に綺麗にワイヤーを丸めることが出来たので、ものすごく感動しました。右はホームセンター買った500円くらいの物です。

しかも、かなり小さい直径の輪が作れます。下記画像は、左ケイバの丸ペンチで直径2ミリ、右が百均の丸ペンチで直径3.5ミリになりますので、小さな輪が作れると、繊細なデザインも作れますので重宝します。

9ピン直径の比較

私の理想ピッタリでした。「これよ、こう言うのを探してたのよ。」と誰も側に居ないのに、大声で叫んだこのセリフを今でも忘れません。

掴んだとき手のひらにピッタリとホールド力があり、滑らないけれど傷は付けないと言う使用感と出来栄えに、今まで渾身の力で握って必死に曲げていたのは何だっの!?って感じでした。道具1つでこんなにも違うんですね。小さな金属のアクセサリーには、それ専用に特化した道具は必要だなと痛感しました。

下記は普通サイズです。

www.nyaoblog.com

平ヤットコ

平ヤットコに関しても、百均の物も使用していますが、ヤットコの先にマスキングテープを巻いてフラットにしています。

しかし、部品をつまむたびにテープが剥がれてしまうので、百均の平ヤットコに関しては、くねくね曲がったワイヤーを、ピシッと真っ直ぐにしたい場合、この平ヤットコをワイヤーの端から端までスーッと滑らせれば、真っ直ぐになりますが、その際に布で挟みながら滑らせると、ワイヤーに傷は付きませんので、そういった使用方法をしています。

ですので、先の細めの2000円くらいの物を購入しましたが、やはり使い勝手は凄くいいです。力をそこまで込めなくても、いい具合に作業ができます。

ニッパー

ニッパーに関しては、裁断面が問題になってくると思いますが私はそこまで、気にしないので百均のニッパーを使用しています。

まとめ

部品に関しては、素材にこだわりがないならば、ホームセンターなどで販売されている、ステンレスのワイヤーで十分作品は作れますので、練習にはもってこいです。

アルミのワイヤーもありますが、時間と共にくすみが出て、ザラッとした質感になりますので、ステンレスがお勧めです。ビーズや、ピアスやイヤリング部分、9ピン等は百均で揃います。

道具に関しては趣味で作ることが目的で、傷を気にしないのであれば、百均で揃うので興味のある方は一つ、二つ作ってみて、作ることに興味がどんどん湧いてきたなら、いい道具に自然と興味も向くと思いますので、参考の一つにして頂けると幸いです。