まいにち笑顔のNyaoBlog

商品レビュー・暮らしの工夫・ハンドメイド等のご紹介

40代最後にセミロングからボブにカット!結果、セットが楽で経済的だった(^-^)

髪を切りたいなぁ~と、今、悩んでいるあなたへ。

セミロングからボブに短くカットした私が、実際に切ってみた後の、メリット・デメリットをお話ししていきたいと思います。

セミロングからボブにカット!セットが楽で経済的

後ろ姿

伸ばしていた髪を切るのって、結構気合がいりますよね。(^^;)

カットした後、周りから「前の方がよかった」なんて言われた日には、撃沈してしまいますし、セットが大変になったらどうしよう?と、後悔を考えると切りたい気持ちにセーブがかかりますよね。

そこで、私がカットを決意した経緯をお話します。

カットを決心した理由

私の髪は毛量は少なく、くせ毛で細いです。

40代後半あたりから白髪が目立ち始め、白髪染めを繰り返しているうちに、髪がものすごくうねるようになり、更にドライヤーやアイロンの熱で、傷みは加速していき、髪を伸ばしたくても伸ばせなくなってきていました。

伸ばしていても肩を過ぎた辺りで、枝毛が発生し毛先がボロボロになり、静電気が起きてしまい冬は特に大変なことに・・・(^^;)。

白髪染めを中止して、毎日お風呂で使うヘアカラートリートメントに変更したところ、少し髪の痛みとうねりもマシになり、気がつくと髪が伸びていたという状態になっていました。

そしてここまで伸ばすことができました。

後ろ姿

この地点で前髪も、顎の辺りまで伸びていました。

が、私には前々からやってみたい髪型があり、それができそうだった事と、髪の「傷み、抜け毛、やせ細り」などの、伸ばすには悪条件がバッチリ揃っていたので、40代も最後だし気分転換に「切りたいな」と思い始め、1か月ほどヘアカタログを見てスタイルを決めて、せっかく伸びたのですがバサッと切ってしまいました。

ヘアカタログを見てどの髪型にしようかと悩んでいる時が、ワクワクして一番楽しかったです。(^^)

カット後がこちら。

後ろ姿

とてもさっぱりしました。

次は、ボブカットにする時の注意点です。

ボブカットにする時の注意点

ヘア

ただ単に「ボブカットにお願いします。」と言っても、ボブカットにも色々あり美容師さんにお任せすると、自分のイメージしていたものと違うボブカットが出来上がることがあるので、カットする時はイメージする写真などを、美容師さんに見せた方がいいと思います。

出来上がりのイメージにより、その人のクセや毛量から、どれくらいカットして、すいていけばいいのか分かるので、自分がイメージしていたカットから、突拍子もなくかけ離れた仕上がりになる事はないと思います。

髪に癖がある場合は、長さが短くなればなるほど癖が出やすくなるので、しっかり美容師さんに相談してカットしたほうがいいと思います。

髪は切ってしまえば当分伸びないので(^^;)

後悔しないように、なりたいスタイルをしっかり伝えた方がいいです。

ボブにカットした感想

横髪

セミロングの時はストレートにセットするのに20分くらいかかっていたのですが、ボブにしたら10分かからなくなりました。

そして、ドライヤーなどの電気代、シャンプーやブロー剤などの減りも少なく済み、結果なんて経済的なんだ!と、カットして良かったと思いました。

ボブって「短いからアレンジできなさそう~。」と思っていましたが、いやいやそんなことは無く、束ねられる長さのボブにすれば、編み込んだり、ハーフアップにしたり、髪を片耳にだけかければ顔がスッキリ見えますし、カチューシャとの相性も良くたくさん楽しめます。

では、それぞれのメリット・デメリットを、お話していきたいと思います。

セミロングヘアのメリット・デメリット

● メリット

  • いろいろなアレンジができる。

  • 多少のくせ毛の場合、重みで伸びてくれる。

  • 女性らしさがある。

● デメリット

  • シャンプーやドライヤーに時間がかかる。

  • 髪の表面積が多くなるため、ダメージヘアが目立つ。

  • 肩がこる。

ボブヘアのメリット・デメリット

●メリット

  • シャンプーがとっても楽。

  • ドライヤーでアッという間に乾く。

  • セットで内巻きになるようにカットしてもらえば、簡単にスタイリングが決まる。

  • 頭が軽くなる。

●デメリット

  • くせ毛により外出先で湿気などにより、ハネてしまうと収拾がつかない。

などなどですが、髪型を変えるとセット方法も変わりますので、デメリットを回避できるようなカットをお願いする事が、カット成功への近道です。

なのにチャレンジャーな私は、無謀にもセルフカットをしてしまったのです。

セミロングからボブにセルフカットした話

私の場合、はじめ何の躊躇もなく自分でカットしました。セルフカットです。(*'▽')

長い時も自分でカットしていたので「いけるやろぉ!」と思い、ザクザクと。

「いやいやいや~・・・いけるわけないやろぉ~(;´Д`)」と言うことで、美容室に駆け込みました。(笑)

失敗するとこのパターンです。どうしてもとりあえず自分で切ってみたくなるんですよねぇ。

しかし、自分でカットしても、どうしても上手くウチ巻きになるようにカットができなくて、セットに余計時間がかかってしまいました。

そして、美容室で整えてもらいましたら、さすがプロ!ブローが一発で決まる!

セルフカットを失敗するたびに、美容師さんの職人技に感動しています。

何でも自分で体験してみなければ、そのすごさはわかりませんもんね。

しかし、私の様な無謀な方はいないとは思いますが、カットに関しては初めから美容師さんに任せた方がいいと思います。(笑)(*'▽')

あとがき

いかがだったでしょうか。カットしようか悩んでいる時って、だいたい失敗を恐れることと、切っても直ぐに伸びないことがネックになりますよね。

しかし、「失恋したり、自分を変えたい」と言う出来事に遭遇した時は、そんなネックどうでもよくて、「自分を変える」と言う目的を果たすべく、躊躇なくバサッとカットすることが出来たりします。

なので、何気ない普段の生活の中では、きっと「躊躇」が圧勝しているんですね。

その何でもない生活の中でいきなり髪をバッサリ切ると、「失恋でもしたの?」なんてことを聞かれたりします。

失恋“でも”って・・・“でも”は余計ですよね。(; ・`д・´)失恋した時は一大事ですから。思い出を切り離すように、普段は躊躇する大切な髪を切るんですもの。

それ以外にも、突然、周りの人も髪を切り出す!なんて現象が起きたりします。

なので、髪を切ろうと悩んでいる人は、その思いが熟する時まで、「次に髪を切るときは、こんな感じにしよう!」と想像して楽しむ時間に変えて、自然に熟した時にセルフカットではなく、美容室に足を運ぶことをおすすめします。(笑)(@^^)/~~~