まいにち笑顔のNyaoBlog

商品レビュー・暮らしの工夫・ハンドメイド等のご紹介

ゲルクッションは長時間座っている事の多い高齢者にも最適すぎたのでご紹介します。

ゲルクッション

あなたは「ゲルクッション」なる物をご存じでしょうか?

驚きの衝撃吸収力で座ったときの耐圧を分散し、負担を軽減してくれると言うゲル状のクッションなんですが、このクッションとても良いんです。

と申しますのも、我が家の80歳越えの両親二人とも気に入っていて、何でこんなに気持ち良く楽に座っていられるの?と不思議がっていて、もぅスッカリとりこになっています。

ゲルクッションとの出会い

ゲルクッションを敷いた椅子

高齢者だけではなく、同じ姿勢で座り続けるデスクワークや、長距離ドライブ、硬い座面の車椅子に座る機会の多い方は、長時間同じ姿勢で座っていると、どうしても腰に負担はかかってしまいますし、腰痛持ちの方であれば、クッションの果たす役割はとても大きいのではないでしょうか?

両親は二人とも腰が悪く、寝ていても座っていても苦痛のようで、座っている時のクッションに関しては、様々なものを試しましたが、なかなかいいものに巡り会えずにいました。

この手のクッション自体は、通販番組で頻繁に紹介されているので、存在は知っていたのですが購入にまでは至らず、毎回放送を見るたびに「これいいのかなぁ?」と二人とも興味深々でいる様子は目にしていました。

そして先日ふと立ち寄ったお店に、ゲルクッションが置いてあったので「アッ!あれだ!」と思い、即座に一つ買って帰りました。

母に使ってもらったのですが、少女の様な笑顔で「とってもいい!おしり痛くないし、気持ちいい!」と言うのです。

その様子を見ていた父が、自分にも座らせてくれと母からクッションを奪い取り、何時間か座りましたがやはり「これは良い!ズレないし腰が痛くないし気持ちいい。」と大絶賛していました。

どんなクッションを買ってきても、座った瞬間は良いのですが、数時間経つと腰が痛くなってしまい、やっぱり駄目だとクッションの位置を直しては座りなおすと言う仕草を何度も見てきました。

しかし、このゲルクッションは、その必要が全くないようなのです。

いや、ちょっと待てよ・・・。もしかすると通販番組に洗脳されているのでは?と、言う疑いが頭をよぎりました。

しかし、洗脳で座り心地は良くならないだろうと思い、このクッションの構造の実力なんだろうと思い説明書きを読んでみました。

なぜ腰への負担を軽減できるのか

ゲルクッションの厚み

↑横から見たゲルクッション。

なぜこのゲルクッションは腰への負担を軽減できるのか?と言うと・・・

  • 『二重ハニカム構造』

  • 『高弾性ゲル』

この2点が、体圧を吸収分散して抜群座り心地を生み出しているようです。

「ん?ニカム構造って何じゃ??」と、両親はキョトンとしておりましたので調べてみました。

ハニカム構造とは・・・

「蜂の巣形」の意味で、蜂の巣が六角形で作られているので「ハニカム構造」と言う。全て同じ形状で面を隙間なく敷き詰める(全て同じ形状で敷き詰められる形状は、三角形・四角形・六角形のみ)と、六角形の場合ある一方向から力が加わった際に、その衝撃は残りの5方向にまで分散することができるので、それぞれの面が受ける衝撃力が小さくなり衝撃に対して強くなる。

と、言うことで、両親は「蜂の巣はスゴイ!」と思ったようです。( ゚Д゚)

特徴のまとめ

ゲルクッションを洗う

  • 適度な硬さが体圧を均等に吸収分散し、長時間の座り作業による座姿勢の崩れや、神経痛骨盤の歪みなどの防止に役立つ。

  • 両面使用することができて通気性が抜群に、良いので長時間座っていてもムレを防いでくれる。

  • 夏は綿の入ったクッションは、熱がこもって暑くなるが、こちらはゲル状なので快適に座ることができる。

  • ゲルクッションは丸洗いする事ができ、専用のメッシュカバーも洗濯することができる。

卵の上に座ってみた

卵をクッションの上に置き、その上から座っても割れないと書いていたので、こはやってみるしかないでしょ!ということで私のお尻で試してみました。

割れない旨の説明書きを信じ、生卵の上に座ってみました。

割れずにクッションの戻ろうとする力と一緒に、卵も浮き上がってきました。

お尻が卵まみれにならなくて良かった。

両親が異様に喜び盛り上がっていました。(^^;)

あとがき

車椅子

いつも母と1時間ぐらい散歩をするのですが、年々腰が弱っているのか、「お尻が痛い。」と言うことが増えてきていたのが気になっていました。

が、このクッションを、敷き散歩をすると・・・お見事。

「お尻が痛い。」と言うセリフが出ませんでした。

両親には、このクッションが体に合っていたようです。

いいものに出会えたと、得した気持ちになり買って良かったと思いました。

私も使ってみたのですが、私自身は腰やお尻に痛みがないため、良さは分からないかなと思ったのですが、座った感じは水枕の上に座っているような、不思議な座り心地で確かに気持ちがいいです。

私は毎日、長距離自転車に乗るので、自転車のサドルに応用していただきたい!そんなことを思いました。

座ることに何の悩みのない方にとっては、必要性を感じないかもしれませんが、何の悩みのない時から体圧を分散してくれるような、クッションを使用することで将来的に、座姿勢の崩れを回避することができるかもしれませんね。(^-^)

スポーツ観戦などで、硬い椅子に朝から晩まで座る時なんかにも、きっと大活躍しますね。

乗り物の座席

大きさは42㎝✖37㎝で、結構大きめなのでダイニングの椅子や車椅子、乗り物に適していると思います。

丸椅子やの小さめの椅子には大きすぎました。

結局、父もどうしても欲しいというので、追加購入しました。

買ってきた物を両親が二人で奪い合うというシーンを見たことがないので、そんなに良いのならと紹介させていただきました。

高齢のご両親をお持ちの方は、プレゼント選びに迷ったら候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか。(^-^)