まいにち笑顔のNyaoBlog

商品レビュー・暮らしの工夫・ハンドメイド等のご紹介

ワイヤーネットと専用スタンドを使用した、アクセサリー収納方法のご紹介

ワイヤーネット

「ワイヤーネット」をアクセサリー収納に活用する方法をご紹介をしたいと思います。

ワイヤーネットと専用スタンドを使用した、アクセサリー収納方法のご紹介

アクセサリーの収納法と言えば…

  • 宝石箱に素敵にしまう

  • 専用のスタンドにかける

  • お店のようにガラス容器にさりげなく置く

等、色々な収納方法があると思うのですが、私の場合は趣味でイヤリングを作るので、増え続けるイヤリングの収納が困難になってきてしまい、とりあえずワイヤーネットにイヤリングを引っ掛けて、それを壁にそのまま立て掛けていました。

それだけですと滑って倒れていましたが、ワイヤーネット専用のスタンドをつければ自立してくれるので、アクセサリー大量収納に成功しました!

その収納方法をご紹介します。

ワイヤーネット用スタンド

ワイヤーネット用スタンド

安定感がない為に時折ズルっとズレていたアクセサリー収納ワイヤーネットですが、ズレない何かいい方法はないかと、ダイソーさんを探検していましたら、「ワイヤーネット用スタンド」なる物を見つけました。

おそらく前々からあったと思いますが、今回存在を知りました。

即購入です。

ワイヤーネットとワイヤーネット用スタンドをセットする

ワイヤーネット

スタンドにワイヤーネットをセットしました。

ズルリと床をズレることもなく、しっかりと立ててディスプレイすることができました。

スタンドにワイヤーネットをセットする4箇所のフック部分が、そのままでは入りませんでした。

フック部分をペンチで少し広げてから、ワイヤーネットをセットし、フックをペンチでしっかりと閉じました。

スタンドのフック部分

その際に傷がついてしまいましたが、使用上の注意に「取り付けの際はネットにキズがつきます。ご了承下さい。」と記載されていました。

私はイヤリングしかワイヤーネットにかけていませんが、ネックレスを引っ掛けるのに便利なフックも販売されていますので、いい感じにおさまりそうです。

ワイヤーネットをもう1つ手前に立て掛けて、たっぷり収納が実現しました。

自己大満足です。

ワイヤーネット

ワイヤーネット

ワイヤーネットを使用する際の注意点

スタンドを使用する時は、重い物を掛けたときに転倒のおそれがありますのでご注意下さい。

あとがき

このスタンドの存在を知ったので、またまた色々と用途を考えたいと思います。

私は毎日布団を敷いて寝ていますので、とりあえず布団がずれないように、布団ガードとして使用してみましたが、これが画期的に良い仕事してくれていまして、布団まったくズレません。

ブラボー、ワイヤーネット。