まいにち笑顔のNyao Blog

商品レビュー、暮らしの工夫、ハンドメイド等についてのご紹介。

リリティーオーデトワレで髪に肌に優しい香りをプラス

私は香水が好きで昔から集めているのですが、それは香りを身に纏うと言うよりは、様々な美しい瓶の形が好きでインテリアとして収集していました。

しかしお気に入りの香りはいくつかあるので、日によって使い分けています。先日とても懐かし気なフォルムで、尚且つ香りも可愛らしい香水に出会いましたのでご紹介します。

その前に香水と一言に言ってもその種類は、パルファムやトワレ、コロンなどがありますね。

パルファムからコロンまでの違いは、香料の濃度(賦香率)の違いになるそうですが、オードパルファン、オードトワレ、オーデコロンと言ったオードが名前につくものがあります。

香水の原料は通常は「エタノール、水、香料」ですが、このオーデやオードの意味はフランス語で「水の(Water of)」という意味なので、オードやオーデが名前につくと濃度がやや薄いことを表しています。 ですので、香りの持続性に差が出てきます。そして、その持続にも経過があり3段階で香水の香り立ちの変化を表現します。

  • トップノート : ~10分程度。華やかに香り、第一印象となる 

  • ミドルノート : ~3時間程度。落ち着きのある香り 

  • ラストノート : ~12時間程度。余韻を残すように香る

この香りの変化は濃度や商品により、一番良い香り立ちが訪れる時間や持続時間は様々ですのであくまで参考です。軽くなればなるほどトップからラストが短時間で過ぎ去ります。

今回ご紹介する香水はオーデトワレになります。

リリティーオーデトワレN

香水

商品説明

洗練された高級感のある香りが特徴のオードトワレ。香水だと匂いがきついけどミストじゃ物足りない…そんなあなたにぴったりのアイテム♪基本となるお水には、高知県室戸市でとれた海洋深層水を使用することで、一般的な精製水に比べ肌への浸透性に優れているのが特徴です。

共通の使用方法

清潔なお肌や髪に適量を直接スプレーしてください。

共通の注意事項

  • お肌に異常のあるとき、お肌に合わないときはお使いにならないでください。

  • 使用中、使用後、日光にあたって、赤み、かゆみ、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれたときは、使用を中止し、皮膚科専門医等へのご相談をお勧めします。そのまま使用を続けますと悪化することがあります。

  • 目に入った場合はすぐに洗い流してください。

  • 極端に高温または低温になる場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください

香調と成分

ボタニカルトワレで、香りは一種類だけで出来上がっているわけではなく、数種類の香りから成り立っています。

リリティー オーデトワレN スウィートムスク

やわらかなホワイトムスクの香りを効かせたフローラルフルーティームスクの香り。

ふんわりとした清潔感を醸し出すホワイトムスクに清楚な印象のミュゲやジャスミン、ウォータリーな洋ナシの香りを添えて纏め上げました。瑞々しく凛とした香りが輝くような透明感を与えてくれます。

成分:エタノール、水、香料、PEG-40水添ヒマシ油、BG、フェノキシエタノール、安息香酸Na、クエン酸Na、クエン酸、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、黄4、赤504

リリティー オーデトワレN パウダリーハーブ

すがすがしいネロリの香りに、イランイランが調和したフローラルシトラスの香り。

トップに上品なネロリを効かせた爽やかな香りは時間とともに移ろってゆき、オレンジフラワーやイランイランが織り成す甘くふくよかなフローラルからセンシュアルなムスクへと変化しながら、周囲に華やかで魅惑的な余韻を残してゆきます。

成分:エタノール、水、香料、PEG-40水添ヒマシ油、BG、フェノキシエタノール、安息香酸Na、クエン酸Na、クエン酸、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、橙205、赤504

リリティー オーデトワレN バランシングシトラス

爽やかなミントや柑橘で、気分がすっきりリフレッシュできるような、シトラス・ハーブの香り。

成分:水、エタノール、PEG-40水添ヒマシ油、BG、香料、フェノキシエタノール、安息香酸Na、クエン酸、クエン酸Na、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、黄4、赤504、橙205

香りの作用と使用した感想

私はスウィートムスクとパウダリーハーブを購入しましたので、この二種類の感想になります。

スウィートムスクに関しては、やたらに売れていて最後の一つだったのでとりあえずゲットし、パウダリーハーブに関しては一目惚れならぬ「ひと嗅ぎ惚れ」でした。

ワンプッシュは40cm先くらいまで比較的細かいミスト状に噴射されます。使用は腰辺りにワンプッシュと、空中にワンプッシュして落ちてくる香りの下をくぐるように、頭から浴びると適度に香りがまとえます。

各種、ボタニカル成分を簡単に紐解いてみました。

スウィートムスク

ミュゲとはスズランのことで、疲れを緩和させる作用があります。ジャスミンは恐れや不安、悩みを和らげ感情のバランスをとり心にゆとりや歓喜を促してくれます。ムスクは官能的な作用があり、心の奥まで作用し深い鎮静を与えてくれます。疲労などのストレスの不調に作用。

【感想】高級石鹸のような、いい香りのお花を匂った時のような、甘く女性的な香りです。ひときわ売れていたのもわかります。

パウダリーハーブ

ネロリとは日本ではダイダイと呼ばれるオレンジから抽出される製油で、興奮と鎮静のバランスをとり、神経の高揚からくる不眠症や高血圧、動機、鬱、不安、緊張などを和らげます。イランイランは心の鎮静と興奮のバランスをとる作用。

【感想】この香りはかいだ瞬間、ひとめぼれしました。赤ちゃんのパウダーのような、柔軟剤のような何だか落ち着く香りでした。

バランシングシトラス

ミントは活気と元気を与え集中力を高めます。脳の活性化、呼吸器系、消化器系の不調、抗うつ作用や鎮静作用。

【感想】お店で試してみました。シトラスハーブはアロマディフューザーから香ってきそうなまさにアロマティックな落ち着く香りでした。

下記記事は、香水に興味のある方にとっては、とても画期的な購入方法となっています。

ひと瓶買っても必ず余らせてしまったり、高級香水を少量だけ買いたい方は、チェックしてみて下さいね。

www.nyaoblog.com

あとがき

私は普段から重厚感のある香りが苦手なので、香りがすぐに飛んでしまうものをアトマイザーに入れて持ち運び、大好きな香りのトップとミドル辺りしか感じないうちに朝、昼、夕とお腹辺りにワンプッシュすると言った使用方法で落ち着いていますので、このオーデトワレはピタッと来た商品でした。

ですので、香りのとびは早いです。オフィスにも普段使いにも、さりげなく花を添えてくれる香りです。

香りの作用を読み解くと、自分がパウダリーハーブを嗅いだ瞬間に「ひと嗅ぎ惚れ」した事に納得しました。

今の私の心情に合っていて、それを香りで自然に求めたってことですよね。香りの凄さに驚かされました。「ボタニカルトワレ」ならではと言ったところでしょうか。

髪やハンカチにもひと吹きして使用しています。夏場も重くなく使用できそうです。

香りが苦手で自分に纏うことが苦手な方も、おうちに眠っている香水がありましたら、明日あたり紙に吹きかけて筆箱やカバンに忍ばせて、さりげない香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。