まいにち笑顔のNyao Blog

雑記ブログ:日々の工夫や体験、商品レビュー

目の中に小さな異物が混入、その正体は!?眼科で取ってもらいました(´;ω;`)

ある朝、起床して目を開けた瞬間、上瞼と眼球の間に異物感を感じ、何度か瞬きをしたら目が痛くなってしまい、瞬きもできなくなりました。(-_-)

上瞼を必死に裏返し鏡で見ても、何か異物がある訳でもなさそうですし、出来物らしき物体も目視では確認出来なかったので、目を洗ったり目薬をさしてみたのですが、異物感はいっこうに無くならず、余計に眼球に何かが擦れる感が増したため、速攻、眼科へ行きました。 目

道中、目を開けることも出来ず、半開きで向かいました。眼科に到着し待っている間も、瞬きはできないほど痛い状態でずっと閉じたままでした。

まず、診察前に視力と眼圧(空気鉄砲が出る検査です。あれ苦手( ;∀;))の検査をしました。すると眼圧が少し高いと言われ、「えっ!?何かの病気、、、!?( ゚Д゚)」と不安になりつつ、待合室で診察に呼ばれるのを待ちました。

そして、お呼びが掛かり診察室へ。医師に必死に症状を伝え、眼球を詳しく見て頂きました。

まず、検査器具に顎をのせ、片眼づつ診て頂きましたら、痛い方の眼球の上部に複数の傷がついているとのこと、、、「何か異物があるので、じっくり診てみますね~。」と、医師のヨイショと言う掛け声と共に、上瞼をくるっと裏返され、(私は裏返された感は無かったです。)顕微鏡でしか確認できないレベルの、小さな小さな粒が一粒、上瞼の裏側に付着しているとのことで、ピンセットで取って頂きました。そして目を開けると、あら不思議(#^.^#)何事も無かったかの様に、痛みはどこかへ消え去りました。

取れた粒を見せてもらっても、どこ?どれ??と言った感じで、私には見えませんでしたので相当小さな粒です。

黒い紙←こんなイメージです。

しかし、自分の感覚的には0.5ミリはありそうなイメージでしたので、目視できないくらいの小さな粒が混入しただけで、あんなにも痛いとは衝撃的でした。 そして医師が、「スクラブ洗顔していませんか?」と、訪ねてきました。

泡まみれの子

はい(; ・`д・´)その前の夜、確かに久々にスクラブ洗顔を使用しました。しかも丁寧に~丁寧に、洗顔ブラシで目の周りまでクルクルと回しながら洗顔しました。恐らく、その時に細かく砕かれたスクラブが、すすぎ時に流されることなく目の際にしぶとく残っていて、就寝中に目の中に混入したと思われます。

その洗顔ブラシは、ブラシが密集していてビロードの様に滑らかで柔らかく、とても気持ちよかったのです。ですので、密集したブラシにより、スクラブが細かく砕かれたのかなと想像します。ある意味、そのブラシは優秀ですね。

と言うことで、その異物の正体は「スクラブ洗顔時に、ブラシにより砕かれたスクラブの粒!」でした。

何とも想定外でびっくりでしたが、医師によると時々そんな患者さんが来院するとの事でしたので、珍しい出来事ではないようです。 そして、眼圧が高いので更に詳しく眼圧を測る検査をしました。目薬をさして検査機器を覗き込むだけでした。それで眼圧が測れるなら、空気鉄砲は無くなって欲しいわぁ~と、切なる思いを胸に抱くや否や、結果が告知されました。眼圧は正常範囲内ですよ~と。(^o^)丿とてもホッとしました。

私は、シェーグレン症候群と言う持病があり、唾液や涙が少ないので、異物が混入すると涙で流すことができず、粘膜に張り付いてしまうようです。気をつけねば、、、。

『ティアバランス』と言う目薬を処方して頂きました。この目薬は涙液保持作用により、点眼後の涙液の貯留量を増加させ、角膜上皮の障害の治癒を促進させるそうです。

万歳する人

医師に、もしも次また同じような事が起きたら、「瞼を裏返して、シャワーを当てると流れるからやってみて下さい。」と言われましたが、結構キツめにシャワーで流さないと、取れないような気がするので、もうこの先、我が人生において2度とスクラブ洗顔はしない!!と心に誓いました。

いや、決してスクラブ洗顔が悪い訳ではありません。私が丁寧に砕きすぎたのが悪いのですから。(ノД`)・゜・。だって、翌日の肌はつるっとしていましたので。(∩´∀`)

スクラブは肌には大丈夫なのに、目ってのは上手いこと過敏にできているのだな、、と感心しました。痛みを感じなきゃ、結膜、角膜が傷ついて大惨事になりますもんね。人間の体はえらいものです。(^ω^)

スクラブ洗顔をされる方は、よーーーーく洗い流して下さいね。(^▽^)

ではでは、小さな異物混入のお話でした。