まいにち笑顔のNyaoBlog

商品レビュー・暮らしの工夫・ハンドメイド等のご紹介

フルッティディボスコの長財布を3年間使い込んだレビュー

ウォレット

財布選びに悩んでいるあなたへ、ぜひとも知っていただきたい財布があります。運命のウォレットと、出会えるかもしれません。

代官山のバッグブランドのフルッティディボスコ(FRUTTI DI BOSCO)で販売されている、ここでしか手に入らないアートレザーの美しいウォレットです。

この財布は同じ柄でもレザーのカットされる具合により、柄のでかたがことなるので、世界に一つだけの財布になり誰ともかぶる事もないんです。

そしてその「アートレザー」がとっても美しく、透明感や奥行きを感じ立体的にみえるのがステキで、持っていると「それどこの財布?」と人目を惹くほどです。

この財布は3年ほど前から使用していますので、登場する財布は3年物になります。

しかし、3年経ってもヘタらず縫製もしっかりしているので、その辺りもみて頂けたらと思います。

フルッティディボスコ(FRUTTI DI BOSCO)とは

冒頭でも述べましたが、フルッティディボスコとは代官山にあるバッグブランドです。

「ドレスコードは、わがままが良く似合う女性。」だそうですが、本物のワガママではなく、それは小物ひとつひとつに施されているコダワリから感じ取るとすれば、「自分を高めるために、ゆずれない強い意志をもったステキな女性」と言った感じを連想します。

女優さんも愛用されていたり、ドラマやCMの持ち物にも使用されていたりするので、テンション上がります!(^^)

公式オンラインショップもあり、さまざまな柄のアートレザーで作られた、ステキな財布や小物が沢山あるんです。オンラインショップもブラック調で独特のシックさが魅力的です。

このブラック調の雰囲気が、ウォレットに使われているアートレザーを最大限に引き立てています。

そして、さっきから何回も登場している「アートレザー」っていったい何?という所にふれていきたいと思います。

アートレザーとは

長財布

イタリアはレザーで有名ですが、アートレザーとはイタリアのタンナー(皮を革にする人)の中でも、熟練の職人の手作業から生み出された、まるで一枚の絵画のような芸術性の高い手の込んだレザーのことを言います。

上の写真の様なレザーです。「えっ?これレザーなの?」と思いませんか?とても手が込んでいてまさにアートです。

取り扱いの難しさから、世界のトップメゾンでも容易には手を出さないそうです。

そんなアートレザーを使った財布やバッグとなると、さらにテンションが上がります!

では3年間使い込んだらどうなったのか見ていきましょう。ちなみに使う頻度はほぼ毎日で、普通の日常使いです。

フルッティディボスコの長財布を3年間使い込んだレビュー

ウォレット

こちらは使い勝手の良いギャルソンの「サルーレジーナ」と言う名の財布で、ゼブラ柄やレオパード柄の織り交ざったアニマル柄が特徴で、ゴールド・ブラック・レッドがお互いを邪魔することなく、絶妙なバランスでほどこされていて、持っているだけでもなかなか目立ちますし、存在感抜群の長財布なのです。

調べてみると名前の由来のレジーナが「女王」なので、自信に満ち溢れた女王様をイメージして作られたように感じます。

なんだか硬そうでしょう?実際ぜんぜんそんなことなくて、しっとり手に吸い付くように柔らかいです。

3年使っていても、表面の前後共にそこまでの傷みは見受けられません。この柄特有かもしれませんが、キズがついてもほぼ目立たないです。

黒のレザーで縁取られた部分も一切剥がれ無しです。

汚れてもサッと拭き取ればキレイになります。

長財布の金具と内装

長財布の内装

金具と内装はアートレザーの素晴らしさに負けず、絶妙に調和のとれたデザインになっていて、金具はすべてオリジナルだそうです。

長財布のカーフ部分

内側には、滑らかな手ざわりのベビーカーフが使用されています。

ここの部分は右側を開閉時に持つため、さすがに指で押さえる部分が薄くなりつつあります。

長財布の金具

エンブレムはDとOの中の赤い塗装が剥げているくらいで、それはそれでデザインのようで全く違和感なしです。

金色が微動だにせず剥がれていないのがスゴイ!

長財布のボタン

財布内がパンパンになってきても、ボタンが2つ付いているので、その範囲までなら調節可能です。

このボタンの開閉なんですが、ノーストレスでしっかり留まってくれますし、スポン!と開くといった感じで、3年経った今も傷みや取れも全くなしです。

バランスのとれた内装

長財布の内装

内側は外側とはまた違う顔で、全体はアンティークなイメージのダスティローズで、サイドの落ち着いたベージュとのコントラストが、穏やかさをかもしつつレオパード柄のベビーカーフ部分が、キュートなアクセントになっていて、財布を開いたとたん独特な世界観が広がります。

ローズ色の生地部分は、柔らかく薄地でしっかりしていて光沢があります。ポケットの内側の色はすべてローズで、中が見やすいです。

サイドのベージュ部分はゴートレザー(大人の山羊革)使用で、とても柔らかくしなやかです。

牛革よりも強く摩擦にも強いのが特徴なので、この部分で大いに大活躍しています。

小銭入れ部分

長財布の小銭入れ部分

ここはさすがに小銭が入っているので汚れていますが、生地の色味がダスティローズなので気になって仕方ない!という程は目立ちません。

ポケット

長財布の内装

フタを開いたボタン部分には、大きめに開くポケットがありサッと取り出せて便利です。

この付近もレザーの剥がれや縫いのホツレ無しです。

長財布後ろ部分のポケット

背面部分のポケットもバッチリついています。広がりきっているなんてこともありません。

カード28枚収納後の財布の厚み

カード

これだけのカードが納まります。なかなかの量ですよね。いざいれてみると…。

カードを入れた長財布

28枚入ったワリにはスマートです。ポケットの生地は薄く柔らかで、出し入れも引っ掛かり無しでストレスなくスムーズです。

このカードの出し入れが窮屈ですとイラっとしますが、この財布はノープロブレムです。

長財布の厚み

左が何も入れていない状態で、右が28枚入れた状態です。

長財布の横の部分

長財布の横の部分

何回か落としていますが、角もボロボロになっていないですし、縫い目も剥がれてきていません。

長財布のカード入れ部分

カードも何度も出し入れしていますが、縫製は全部キレイなままです。

重さ

実際にキッチンスケールで計ってみましたところ…。

193gでした。

お値段

こだわりぬかれた世界に一つだけの財布のお値段は!

33,000円(税込み36,300円)です!

何も知らずに値段だけ聞くと高っ!と思いますよね。しかし使われている素材や縫製、デザイン、使い勝手、一点ものである事、また3年間でこの持ち具合なので、恐らくまだまだ使えますから、この値段にしてこの品質は使っていて納得しています。

他の有名なブランド品ですと、人とかぶってしまう事もありますし、その点からしても自慢の一品になるのではないでしょうか。

わたしは長く使いたいと思い購入しましたので、長い目でみれば大きくうなずけるお値段です。

フルッティディボスコ長財布のメリット&デメリット

長財布

では、メリットとデメリットをまとめていきます。

メリット

  • 一点物につき人とかぶらないので、愛すべき一品になる。

  • 人に「可愛い!どこの財布?」と聞かれる。(←結構ウレシイ!)

  • 蓋をパカッと開けるだけで、一発で中身が見えるのでレジがスムーズ。

  • 小銭が一目でわかるので、スムーズに使用できるため、小銭が溜まらず回転率がGOOD。

  • カードの収納が多く管理しやすく、出し入れもスムーズ。

  • たくさん入れても中の生地が薄い為、財布が膨れ上がらない。

  • 表面がツルリとしている為、汚れが付きにくい。

  • 頑丈で丈夫な作りで長持ちする。

  • なにより柄が可愛い、財布自体の存在感が好き。

デメリット

  • 店舗があちこちにないので、実際に手に取ってみることが出来ない。

  • 一点物なので柄の出方がわからない。

  • 長持ちするため、長年使っていると違う柄も持ちたくなってしまう。(どれも魅力的なので)

あとがき

いかがでしたでしょうか?もし財布選びの候補の一つに入ったというのであれば、さっそくどんな柄があるのかチェックしてみて下さいね。

小物も女子力満載のアイテムが揃っているので、見ているだけでも楽しいですよ。

財布って人それぞれで、何十年も同じ財布を修理をしながら使っている人もいれば、「あれ?また変えたの⁉」と会うたびに変っている人もいます。

フルッティディボスコのお財布は「お気に入りの物を見つけて、5年くらい使っていけたらなぁ。」とお考えの方にはピッタリの財布だと思います。

3年目でこの状態なので、倍の6年以上軽く使えそうです。いや、それ以上いけるかも(笑)年月が経てば、また追記していきたいと思います。

まいにち、家事・育児・仕事!などなど必死に頑張る自分へのご褒美にも最適です。

あなたも世界に一つしかない、あなただけの最高のお財布に出会えるといいですね。