まいにち笑顔のNyaoBlog

商品レビュー・暮らしの工夫・ハンドメイド等のご紹介

ふかふかベビーバスWのレビュー!安いし機能性抜群!オススメ!

ふかふかベビーバス

赤ちゃんの沐浴に購入した、ふかふかやわらかなエアーベビーバスがとても良かったのでレビューします。

ふかふかベビーバスWのレビュー!安いし機能性抜群!オススメ!

ふかふかベビーバス

やわらかクッションのふかふかベビーバスWは、その名のごとく柔らかくて赤ちゃんにもママにも優しく、とっても使いやすいので、新米パパとママでもラクに沐浴させることができますよ。

  • 新生児~3カ月頃まで使用可能。

  • 適用身長:60cmまで。

  • 値段税抜き 2,500円

たまひよで1位のラベル

たまひよでも大人気!

たくさんのママが使っています。

ふかふかベビーバスWの特徴

  • やさしいやわらかクッションでふかふか!

  • バスネットを使わなくてもOK!

  • 縁が丈夫なので、腕をのせてもつぶれにくく安心。

  • 背中部分に傾斜があり赤ちゃんの背中にぴったりフィット! 

  • ス トッパーが赤ちゃんのずり落ちを防ぐ。

  • 小さくたためるので収納や持ち運びに便利!

ふかふかベビーバスWのレビュー

ふかふかベビーバス

お店で販売されている時はこんな感じです。

TVのリモコンと比べると、コンパクトさが伝わりますでしょうか。

  • 本体サイズは68×47×H29cm

  • 素材は塩化ビニル樹脂

ふかふかベビーバス空気入れの4か所

まずは空気を入れます。

  • 浮き輪用の空気入れ(市販品の口径6 mm)

  • または、口で直接空気を入れます。

空気を入れる箇所は4か所に分かれています。

しかし口で直接空気を入れるとなると、4か所に分かれているとは言え、結構な量の空気を入れる必要があるので、肺活量のない女性には大変ですので、浮き輪用の空気入れの使用をオススメします。

空気逆子構造になっているので、空気入れのノズルを空気注入口から12mm以上押し込むと、空気穴が押し広げられてしまうため、変形して戻らなくなることがあるのでご注意ください。

空気をパンパンに入れてしまうと、お湯を入れた時に本体が破損する恐れがある為、シワが残る程度に空気を入れます。

調理台に置いたふかふかベビーバス

我が家のシンクはベビーバスより小さいので、沐浴は調理台で行ないます。

調理台の幅は52cmですが、多少はみ出しながらギリギリ行ける感じです。

では、お湯を入れていきます。

ふかふかベビーバスにお湯を入れている所

水道の蛇口が伸びるタイプであれば、簡単にお湯をためることができます。

伸びなければ桶で入れると良いかと思われます。

ふかふかベビーバスのMAXの線

しっかり排水の栓をします。

お湯の温度を適温37度から40度に調節し、MAXと書いてある線まで入れます。

本体が破損する恐れがある為、50度以上のお湯を入れてはいけません。

冬場は、お湯を入れている間に温度が少し下がりますので、給湯温度設定を2度ほど高くしておくと、赤ちゃんが入る時に程よい湯加減になっていると思います。

水温計

お湯の温度を測るための、湯温計も活躍しますよ。

では、沐浴開始です!

出産して入院中、沐浴をする時はギャン泣きだったのですが、お家に帰ってきてからは、このふかふかベビーバスで沐浴をするようになり、まったく泣かなくなりました。

身を預ける側面がふかふかで柔らかいので、とても心地よさそな表情で沐浴をしています。

ふかふかベビーバスで沐浴中

写真は生後2週間くらいです。

Goodな機能!

  • 背中の部分が絶妙な加減の傾斜(オレンジ色のライン)になっていて洗いやすい。

  • お尻部分にあたるストッパー(ピンク色のライン)がしっかりと、赤ちゃんのズリ落ちを防いでくれる。

この2点で、安定感抜群の姿勢で沐浴をさせることができます。

ストッパー部分が、とっても重宝します。

ふかふかベビーバスで沐浴中

ママの腕が当たる部分も、横空気層と丈夫な縦空気層のW構造で強度もあり、柔らかいのでこんな体勢の時でも痛さとは無縁で快適です。

ふかふかベビーバス排水中

使用後は排水口からお湯を抜きます。

この時、しっかりとシンクにお湯が流れ落ちるように、ベビーバスをシンク内側までしっかりズラしてください。

一度、シンクの内側までズラせていなかった時に、調理台から床へドバドバとお湯がこぼれてしまい大惨事が起きました。

ふかふかベビーバスを干している

後はキレイに洗って風通しの良い場所で乾かします。

側面に引っ掛けフックが付いているので、引っ掛ける場所を作っておくと乾燥に便利です。

きれいに洗ってしっかり乾かさないとカビの発生の原因になります。

ふかふかベビーバス畳んだ写真

空気を抜けばぺっちゃんこになって、とても小さくなります。

実家に行くときや、使わなくなってからも収納場所を取らないのでとっても便利です。

メリット・デメリット

◆メリット

  • 軽いので持ち運びがラク。

  • 台所で使用できるので、前後の室温差を少なくできる。

  • シンクの高さで腰への負担も軽減できる。

  • 腕に当たる部分が柔らかいので痛くならない。

  • やわらかいので赤ちゃんがぶつかってもケガの心配がない。

  • 空気を抜けば小さくなるので、持ち運びにも収納にも便利。

  • 機能性に優れている。

  • 安い!

◆デメリット

  • 空気を入れるため凹凸部分が多いので、不衛生になりがちでカビが生えやすくなる。

  • 破れたり穴が開いたら使えない。(持ち運び時、あちらこちらの突起物に気を付ける)

あとがき

こちら実は娘が使用してのレビューになります。

私からすると孫です。

使用して一か月ほどですが、今の所はカビの発生や穴が開くこともなく使用できています。

お風呂場でかがんだ態勢で行なうと、足腰への負担も大きくなりますし、沐浴を終え赤ちゃんを下から持ち上げ移動することになるので、スリップや段差での転倒も気になりますが、こちらはキッチンで使えるのがホントに楽ですね。

なにより産後の身体はとても疲れているので、毎日行う育児の動作に対して少しでも快適に行うことで、体への負担も軽減できますので、工夫できることは最大限に活用することをオススメします。

このベビーバスは、お尻部分のストッパーの支えが良い仕事をしてくれるのが印象的です。

赤ちゃんもご機嫌で、新米ママも抜群に快適に使用できていますので、買って良かったベビーグッズの一品間違いなしです!