まいにち笑顔のNyao Blog

商品レビュー、暮らしの工夫、ハンドメイド等についてのご紹介。

スキンライフ薬用洗顔フォームニキビ肌用はアラフィフ肌もつるすべに!

洗面用具

牛乳石鹸♫良い石鹸~♪と爽やかなメロディーの流れる、あの懐かしのCM!若い世代の方には馴染みないですかね。(^^;)

牛乳石鹸と言えばロングセラー商品の青箱(さっぱり)と赤箱(しっとり)の固形石鹸が有名です。

身体を洗えば清潔感いっぱいの香りが全身に広がります。背中ニキビにも良いと口コミで人気を呼んでいます。

我が家は全員さっぱり洗いあげるタイプの青箱が好きなので、お風呂では何十年も不動の地位を築いていますし、勤めている会社でも手洗いの石鹸に使われています。

手洗い場

会社では外の洗い場に牛乳石鹸を置いていると、カラスに持っていかれることがしばしば巻き起こりました(^_^;)私バッチリ目撃しました。

カラスも牛乳石鹸が好きなんですね~。(^o^;)

そんな牛乳石鹸から「スキンライフ」という洗顔フォームが発売されているのはご存知でしょうか?

こちらは10代のニキビに悩む女の子のことを考え作られた商品なんですが、スキンライフの歴史は長く50年以上前に石鹸として誕生していました。

それからリニューアルを繰り返し、ニキビケアだけではなく保湿も考えた美肌を叶えてくれる、ニキビケアブランドへ進化を遂げ今現在に至っていますね。(^-^)

ベリーロングセラー商品です。

この洗顔フォーム、10代のニキビに悩む女の子のための商品と重々承知の上なのですが、アラフィフのインナードライ肌に悩むおばさんの私も、この商品をとても気に入っているんです。

なぜなら、洗顔後のお肌の状態が理想的な上、肌トラブルも発生することなく使用できているからです。

牛乳石鹸さんの狙うターゲット層とは、全く違う年代の私で大変恐縮なんですが、すみません!レビューしたいと思います。

スキンライフ薬用洗顔フォームとの出会い

洗顔フォーム

あなたは今お使いの洗顔アイテムをどんな基準で選んでいますか?

その洗顔フォームは、理想の洗い上がりを叶えていますでしょうか?

私は長年、なかなか自分の肌に合った洗顔フォームに出会うことができず、色々な商品を片っ端から使ってきました。

肌質がオイリーにもかかわらず、洗顔するとものすごく突っ張り、笑うと頬の皮膚の柔軟性のなさがありありとわかる状態で、洗顔フォーム選びをしくじり、洗い上がりがさっぱりしすぎると、カピカピ地獄に陥っていました。

なのでしっとりと洗い上げたいのですが、しっとりタイプのものを使うと、どうも吹き出物が出る兆候にあり、理想の洗顔フォームになかなか出会えずにいました。

しかも、一回使って合わなかったものは、体洗いに用途が変更になると言うなんとも贅沢な使用方法となります。

肌も弱く洗顔で皮脂を取りすぎると、ニキビや吹き出物ができていましたし、乾燥するので毛穴も開きますし、その後に使用する基礎化粧品も肌なじみが悪くなり、余計に肌荒れが起きてしいました。

そんな洗顔フォーム選びに悩んでいたある日、ドラッグストアで買い物中に、この商品が何気に目に入り手に取ってみました。

商品裏に載っているメーカー名を確認すると、ん?牛乳石鹼?我が家の大好き牛乳石鹼!?だったら良いでしょう~と、普段からの厚い信頼関係により即購入となりました。

スキンライフ薬用洗顔フォームの特徴

  • 優しい洗い心地で乾燥に悩む肌にも優しい。

  • 殺菌&炎症成分配合毛穴の奥まで殺菌しニキビを防ぐ

  • 爽やかなピンクグレープフルーツの香り

使用方法

専用のフォームの泡

  1. 洗顔フォームを2 CM ほど出し、少しずつ水を加えながら、空気を含ませるように丁寧に泡立てます。

  2. 泡立てネットを使わなくても、きめ細かで密な泡が作り出せるので、ネットを使うと更に上質な泡ができると思います。

  3. 顔全体に泡を乗せ指の腹で優しく丁寧に、両手でハートを描くように動かします。

  4. すすぎは、髪の生え際までしっかりとすすぎます。

  5. お湯ですすいだ場合は、最後は水ですすぐと肌が引き締まります。

  6. タオルで顔を拭くときはゴシゴシこすらずに、優しくお肌をを押さえるように拭きましょう。

使用した感想

洗顔フォームの泡

手のひらでササッと泡立てても、垂れずにしっかりとした生クリームのような泡ができます。

濃密な泡がモフっと肌を包み込むように広がり、爽やかな香りと共に優しく洗えてとても癒されます。

洗い流すとき泡が流され指と頬が出会った時に「汚れ落としといたけど、うるおい守っといたで!」と言わんばかりにツルスベ感を感じる瞬間が好きです。

そして一か月ほど使用を継続したころ、洗い終えてから慌てて化粧水を塗らなくても大丈夫になりました。

さっぱりと洗いあげ、洗ったあとはしっとりと言う理想的な洗顔フォームだと言うことになります。

だいたい一年くらい使用しているのですが、春夏秋冬一通り越えて感じることは、冬場になるといつも乾燥がひどいのですが、カピカピにはなりませんでした。

春にはひどい花粉症で肌荒れを起しがちですが、そう言えばしみる事もなく乗り越えました。

私の肌は基礎化粧品より、この洗顔料の洗浄加減にとても肌加減が左右されるので、いつしか洗い流している最中の肌触り感覚で「あーっ合わないわ~」とわかってしまうほど、とても洗顔には悩まされてきましたので、この出会いとても嬉しかったんです。

そしてお値段がめちゃくちゃ安い!税抜き450円!なんでそんなに安いん!?と、おどろき三昧です。

今まで購入した中で一番安いかも。(^▽^;)肌に合っていてラッキーでした。

ニキビに悩む10代の方だけではなく、多くの世代に受け入れられるんじゃないかなと思います。

あとがき

若い世代のニキビケア用に作られた洗顔フォームですが、アラフィフの私が使用しても洗顔後の肌触りは、さっぱりしっとりしているので、ニキビに悩む肌にはもちろん優しく洗い上げてくれると思います。

私は若いころニキビにかなり悩まされた時期がありましたが、その頃の洗顔フォームは洗浄力重視で、皮脂を摂りすぎてしまい肌がカピカピに乾燥してしまって、余計に皮脂が出て吹き出物が更に悪化していました。

とにかく、皮脂を取り去らねばと、過剰に洗顔していたのも良くなかったですね。

その後、ニキビ用化粧水をつけようものなら、肌にヒリヒリしみて赤味まで発症し、最悪の状態の時もありました。

そんなこじらせ肌から脱出できたのは、思春期が終わった頃でした。

当時、こういった「しっとりさっぱり仕上げ」のニキビ専用の洗顔料に出会えていたら、そこまでこじらせずに済んだかもしれません。

洗顔で潤いを残しながら毛穴の詰まりをなくし、皮脂分泌をスムーズにして清潔を保つことは、とても大切だと実感しています。

この「スキンライフ」は、口コミ評価もとても良いので、今ニキビ肌に悩む女の子は使ってみる価値ありだと思いますよ。

もちろん牛乳石鹼になじみ深いアラフィフ世代にもお勧めです。

是非、一度チェックしてみて下さいね。(^-^)