まいにち笑顔のNyao Blog

雑記ブログ:日々の工夫や体験、商品レビュー

消火器の設置はしていますか?天ぷら鍋火災、対処方法。

あなたの家には消火器を設置していますか?

先日、土曜日の昼下り突然の爆発音が近所に響き渡りました。軽い地鳴りも体感的にはあり、隣が爆発したように感じるくらいの音の近さでした。窓の外を覗くと30メートルほど離れた、向かいの団地の3階のベランダから、小さな火の手が上がっていました。その火の手は見る見る高さが増し、煙が天に立ち昇りました。

驚く女性の顔

 その火を見て驚くと同時に昔、我が家でも天ぷら油による火災が起きた時の炎を思い出しました。

一般住宅については、法令による消火器の設置義務はありませんので、我が家は消火器は設置していませんでした。自分の家に限ってそんなことは起きないと言う、どこからやってくるのかわからない自信があり、火災をなめていました。それは11年前の話になるのですが、今でも鮮明に覚えていますのでお話していきたいと思います。

 

油断大敵

我が家は天ぷら大好きで、その天ぷらを食べようと鍋に油を入れ、180度になるまで我慢と思っていたところに、ピンポーンと呼び鈴が鳴りまして回覧板が回ってきました。受け取るだけなら側を離れても大丈夫かな?と瞬時に判断し玄関へ。

隣の奥さんが持ってきてくれたのですが、話しかけられた話題に、私の脳は油の存在をどこかに追いやってしまい、10分くらい話したでしょうか。

なんか変な臭いがする。ハッとここでようやく油の存在が脳にカムバックし、台所へ走りました。すると丁度、火の手が上がった瞬間で、私パニックです。あの炎の恐ろしさは例えようがありません。

一旦、火をつけたら側は離れないで下さい。

炎を前にして出来る事

まるで生き物のように、勢いよく真っ赤な炎が一気に立ち上がり、近づく事も怖くて自分ではどうにもできず、部屋にいた父に「ちょっと来てっ!」と、大声で呼びましたら、父がおもむろに台所にやってきて「あ〜えらいことになってるなぁ」と、とても落ち着いた様子で部屋に戻り、バスタオルを濡らしてギュッと絞り、炎にうまい具合に覆い被せて、魔法使いのように一瞬で消してしまいました。

普段父は物忘れが激しく、どちらかと言うと鈍臭いタイプの人間なのですが、その時ばかりは凄い、尊敬、頼れる等など父を褒め称える言葉が頭を駆け巡りましたと同時に、何故そんなに落ち着いてあの炎に近づき、火を消せたのか疑問に思い尋ねてみました。すると、過去に母が何度か同じ事をしたそうで、その時も父が火消し担当だったとの事でした。

経験が物を言ったのですね。経験が役立った瞬間を垣間見ました。私はこの時「あ〜壁は黒焦げになるな。」と考えていました。

油の温度上昇、発火に至る時間

火をつけてから5分後に160度に上昇し10分後には天ぷらを揚げる適温になります。10~15分後、320度に達し白煙や異臭が発生します。15~25分後には360度以上になり発火します。

高温油に水はかけてはいけない

私は火を見た瞬間、「油が発火した場合は水をかけてはならない」と言う知識だけはあったので、鎮火=水とはならずただ立ち往生すると言う、情けない状態になってしまいました。高温の油に水を注ぐと、バチバチと跳ね返り大やけどをします。

普段のお料理中も、フライパンで炒める際に油をひき、濡れた野菜を入れた場合、油が跳ねますよね? あれの、凄いバージョンです。考えただけでも想像つきますよね。怖いです。ですので、水は絶対にかけないで下さい。

消火する為に設置する物

消火と言えば持ちろん「消火器」ですね。我が家は大きな消火器ではなくスプレー式を設置しました。それともう一つコンロの側に、火を消す専用のカバーを備えています。

父のやり方を見たので、万が一次に同じ事が起きた場合、もうパニックにならずカバーで覆い被せる事ができると思います。いやいや、もう2度と同じ事を起こさないようにしなければなりませんね。

加熱防止付きコンロ

加熱防止付きコンロだったのですが、それは右側のコンロが天ぷら用になっていて、そちらが感知するようになっていたのですが、私は左側のコンロで行ってしまった為に惨事を巻き起こすこととなりました。2008年10月には安全規制を満たしたガスコンロ、PSLPGマーク付きのものしか販売してはいけない法律が施行されでいます。

我が家の新築の翌年ですね、我が家のはそれ以前の安全規制を満たされていないコンロでした。

万が一、発火した時の対処

濡れたバスタオルやシーツで空気を遮断するように全面を覆い、空気を遮断し油温が十分に下がるまで待ちます。しかし、これは火の手が上がって炎がまだ小さい直ぐの場合にのみ対応できると思います。炎に手がつけられない場合は一刻も早く消防に連絡をして下さい。

炎を受けた壁はどうなった?

まったく焼け焦げず無傷でした。と言いますのも、壁は防火専用の燃えない壁にしていたので、本当に燃えないことが立証されました。

 

火災発生後、消防が到着するまでの時間

ここで冒頭に話しました、近所のベランダの火災ですが、ボンベが直射日光で爆発したようです。すごい音でした。消防の到着時間ですが、発生から15分くらい経っていました。発生して、即、連絡できていないからだと思いますが、消防より何よりも真っ先に鎮火に駆けつけたのは、近所のお父さんたちでした。すごく早かったです。あちこちから消火器を持った勇敢な年配のお父さん達が、団地の階段の踊り場と、上の階のベランダ、そして横の家のベランダから、消火剤を吹きかけ一気に鎮火させました。

ですので、消防が到着した時には火は消えていました。普段、消火訓練をしている訳でも無いのに、素晴らしい連係プレーでした。もしかすると、我が家の父のようにかつて消火をする場面に出くわした事があったのかもしれませんね。

あの時、消火器を誰も持っていなければ、確実に炎は上の階のベランダの洗濯物に引火して、炎の勢いも増していたと思います。消火器はとても重要だなと思い知らされました。

あとがき

「備えあれば憂いなし」ですので、皆さんのお家の消火器の設置に関してや、消火対策も万全であるかどうか、この機会に一度見直してみてはいかがでしょうか。