まいにち笑顔のNyao Blog

雑記ブログ:商品レビューや日常の出来事、高齢者との暮らしについて

老人ホームへの入居を拒むが決断に至った経緯、その後について

これは、祖母が老人ホームに入居するまでのお話になります。老人ホームへの拒絶反応の強かった祖母がどのようにして入居に至ったのか。

高齢化社会が進む中、こう言った問題は多発してくると思います。皆、一緒に暮らすことが出来れば一番幸せなのですが、そうも行かない現実がありますので、我が家の場合のお話を、一例としてお伝えして行きたいと思います。

超高齢の祖母

以前、祖母と父と私と私の子供の四人で暮らしていたことがありました。その頃、私も父も仕事をしていて、子供は学校に通っている為に家に、日中は家に祖母一人と言う状況でした。

91歳と、祖母はかなりの高齢者でしたが、とにかく頭は冴え渡り体も姿勢が良く、元気で毎日外に散歩に出かけては、近所の人や道で出会った知らない人とも、直ぐに友達になるような社交的な祖母でした。

しかし、そんな祖母も白内障が進み、視界が悪くなり散歩中に頻繁に転倒し、怪我をするようになりました。幸い、骨が丈夫で転倒しても骨折する事がありませんでした。そして心臓も弱く、過呼吸を突然起こしていました。

そんな祖母との暮らしの中で、突然の怪我や突然の病気に対応ができなくなり、1つの案である「特別養護老人ホーム」が家族内で話に持ち上がりました。

祖母が抱く老人ホームのイメージ

しかし、祖母は普段から老人ホームの話題を自ら語る時に「姥捨山」のイメージしか持っていないようで、この話はうまくスムーズに前には進まないだろうなと思っていました。

家族から邪魔者扱いされて、追い出される…と言った考えでしたので、普段から頑固な所のある祖母なので、なかなかこれは波乱の匂いしかしない案件でした。家族会議で「タイミングを見て話そう」と言うことになりました。

タイミングを見て話す

そんなある日、父と祖母が何かのきっかけで大喧嘩になり父が「そんなに言うことを聞かないなら、老人ホームに行けばいい!」と、捨て台詞を吐いた所、祖母が 「老人ホームでも何でも探して来たらええ!」と、さらなる捨て台詞を吐き、父は速攻役所に出向き、老人ホームの一覧表を手に入れ、即座に目星をつけて問い合わせをしました。タイミングも何もあったもんじゃなく、最悪の状況でした。

老人ホーム、待ち人多し

今や特別養護老人ホームは、一年待ちと言う所も当たり前の状態で、なかなか交通の便が良く思うような場所は空きがみつからないのですが、父が目星をつけたホームはと申しますと、丁度一部屋空いていますとの事。

と、言うことで父はさっそく祖母に老人ホームのパンフレットを見せて「明後日、見学に行くから」と告げましたら祖母は激しく泣き崩れてしまい、もう父と祖母の間にはビリビリの亀裂が入ってしまいました。

それから祖母は嫌だ嫌だと、私に何とかしてくれと懇願してきましたが、行くにしろ行かぬにしろ、一連の流れは行わないと父も中途半端になり、余計亀裂が深まると判断し、祖母には「ただ見学に行くだけだから一度見ておいてもいいんじゃない?」と、伝えておきました。

ホーム見学当日

祖母は朝から、祖母のいつも座っている指定位置にしっかりと座り込み、無一文字の口元のその表情からは「断固私はここから動きません。」と言う意思がしっかりと伝わって来て、私は「これは、ヤバイこじれる」と思っていました。そして、出発時間が来ましたが、祖母は立ち上がろうとしません。見かねた父が、祖母を無理にひっぱり玄関へ導こうとしましたが、祖母は途中の柱にしがみついてこう言いました。

「老人ホームなんかに行きたくない!行かない!絶対行かない!」と。それを引っ張る父、抵抗する祖母。

まるで、お注射したくなーーいと泣き叫ぶ子供のようでした。それを遥かに上回っていたかも…。客観視していた私は、こんなドラマみたいな状況本当にあるんだ…と思うと同時に、祖母が可愛そうになり、そこに割って入りました。

そしてこう話してみました。「とにかく、行くだけ行って帰って来たらいい、でなきゃ父も収まらないし、嫌なら断ればいい、2度と家に帰ってこれない訳じゃないから、それにもしかしたら凄く良いところかもしれないよ、なんでもやってみなきゃ見てみなきゃわからないじゃない?

とにかく遊びに行くと思って行ってきて、また帰って来たら私にもどんなとこだったのか教えてよ」と…すると祖母は「わかった、行って見る、帰ってこれるんなら行ってくる」と言ってくれて何とか出かけて行きました。

本当にコントを見てるような見事な柱へのしがみつきでした。

ホームの見学から帰宅した祖母

そして、数時間後に父と祖母が帰宅しました。玄関に迎えに行き、祖母に声を掛けようと顔を見ましたら、何とも晴れやかで満面の笑みを浮かべていました。

私は狐につままれたような表情で「えっ?」と一瞬思いましたが、直ぐに祖母の気持ちを理解しました。「案ずるより産むがやすし」かなと。

祖母の第一声、そしてホームの感想

そんな祖母の帰宅後の第一声が「いいわ〜まるでホテル♪あんなところに住めるなら行くわ」でした。私は「そんなに良い所だったの?どんな所だったのか教えて。」と、祖母の話を聞かせてもらいました。

祖母の話をまとめると…『そこはホテルのようで、食堂もあり、皆で集う場所では様々な催し物をして、お風呂は共同の大き目のいつでも好きな時に入浴できて、普段気分が悪くなったり風邪を引いたら、お医者さんが1階にいて見てもらえるし、毎日飲んでいる薬も管理してくれる』との旨を、少女のように目をキラキラさせて話してくれました。

何より見学した数時間で、お友達が沢山できたとが嬉しかったようです。そこに、行けば利点ばかりと察して、祖母は即決でその老人ホームへ行くことになりました。

見学後に意識が完璧に前向きに変わりました。

父と言い祖母と言い、即決するこの一連のお話で「親子だなぁ」と、つくづく痛感しつつあっさり決まって私も安堵に胸を撫で下ろすことが出来ました。そして、老人ホームへ入所した祖母は亡くなるまでの十年間、101歳まで安心してホームで暮らすことができました。

動かせない人の気持ちの難しさ

個人の凝り固まった思想を溶かすのは、なかなか困難ですよね。一番大切なのは、その人が今どんな立場でどういう風に思っているのかと、相手の立場に立つことが大切です。しかし、自分の経験してきた事でなければ、なかなか相手の立場を100%理解することはできません。

しかし、そんな時でも自分ならどう言われたら落ち着くかな?どうしてもらったら嬉しいかな?と、考えると自然に相手にも伝わると思います。感情的にならず、思いやりの心が凝りをほぐす事への第一歩なのじゃないかなと思います。

老人ホームってどんなとこ?

親子が歩く後ろ姿

祖母の入所したホームは特別養護老人ホームでした。要介護3認定されていないと入所できませんが、祖母の場合は要支援1で、ある程度身の回りの事を出来る事が条件のプランがありましたので、そのプランで入所しました。

入所後はいつでも(インフルエンザ時期は閉館する事があります)面会に行けるので安心です。

祖母が入所していたホームは、万が一介護認定が上がって身の回りの事が自分でできなくなつても、優先して特養に入所させてくれました、一年待ちとかもなかったです。

有料老人ホームであれば、比較的待ちもなく直ぐに入所出来ますが、費用がかなり高いです。老人ホームはどこでも費用はかかりますが、何より四六時中一緒にいることの出来ない家族にとっては安心です。高齢になれば、何かあれば誰か側にいる事が大切になってきますので、家族も本人も安心安全に暮らせます。

何より従業員の方々が一生懸命に親身になって下さいました。私はとても感謝しています。

仕事をしながら高齢者と暮らすと言う事

実際に仕事をしながら、孫の私が祖母と暮らす中で困った事は、祖母に何かあった時に仕事に影響がでてくることでした。四六時中、祖母の側に着いている事ができれば良かったのですが、自分が仕事を手放すということは自分自身が生活できなくなってしまいます。

ヘルパーさんにお願いするにも限度がありますので、祖母のように頻繁に熱を出したり、怪我をする状況が続く生活は一緒に暮らす家族にとってもヒヤヒヤしながらの暮らしになります。

ですので、我が家の場合は喧嘩がきっかけになってしまいましたが、老人ホームに行く事でお互い安心できる環境になれました。

その家族にあった入所先を探すに当たっては、ご自分で調べることも大切ですが、お住いの役所に行けば相談もできますので、まずは最新情報を入手してみてはいかがでしょうか。

ご高齢のご家族の方が、穏やかに安心して暮らせる環境作りが整う事を願っています。