まいにち笑顔のNyao Blog

雑記ブログ:日々の工夫や体験、商品レビュー

心が強くなりたい!「自分の敵」は「自分の中」に。

心が強くなりたい!と、思った事はありますか?

そして、どうすれば自分の心を強くする事が出来るのだろう…と考えた事はありますか。半世紀近く生きてきた私の経験上、心を強くする為にひとつ言える事は「自分自身に負けない気持ち」を持つと言う事でした。本当にその気持ちが大切でした。

壁

人間生きていれば、避けては通れない「苦しみ、悲しみ、辛さ」の壁に直面することがあります。その壁をぶち壊したくても乗り越えたくてもどうにもならず「もうだめだ・・・」と思う時が、私の人生にも多々ありました。

しかし、そんな時こそ自分を強くするチャンスでした。そのチャンスに巡り合う回数が多いほど、心の中に「強さの層」を作り出し高く厚みを増してゆく事ができます。

山の上からの景色

その高さは高くなればなるほど見渡す景色が広がって行き、広い視野で物事を見ることができるようにもなって行きます。

そして、その層が崩れ落ちてしまうほどの、破壊的な出来事に見舞われたとしても、剥き出しになった部分は『地層』となり現れ、目には見えない「強さ」の証を心に感じる事ができるようになって行きます。

空手のポーズ

どんなに世の中が便利になり何でも手に入るような気がしても、「備えたい気持ち」を簡単に手に入れる事はできません。だからこそ自分に打ち勝ち身につけた強さには、物凄い価値があるのだと感じます。

デジタル化された便利な世の中にも解決できないほど、人間の心は常に生身で繊細で壊れやすいです。だからこそ、強さは重要な要素になるのだと思います。

繊細な心の中に丁寧に作り上げられた強さの地層には、苦労を乗り越えてきた事で人の痛みも理解できる優しさも重なって行きます。

人に心をかき乱されたり、事が思うように進まなかったり、理不尽な出来事で何処に怒りをぶつけていいのかわからなくなったりした時、立ち向かうのか、あきらめてしまうのか…目の前にある困難と向き合うのは自分の心です。

考え込む女性

あきらめず立ち向かう気持ちは、困難を回避すべく試行錯誤し工夫を凝らします。それを繰り返すことで、解決能力も徐々に身についてきます。

「敵は自分の中にいる。」

だからこそ、恐れずに自分に自分の心に負ける事なく、ピンチをチャンスに変えるんだ!と言う気持ちを頭の片隅に置き、ピンチが到来した時にはその気持ちを心に届けて、あなただけの、あなたらしい強さと優しさを手に入れる事ができるよう心から願っています。

私自身も、この先にどんなに高い壁が立ちはだかろうと、心に強さの層を重ね続けて行きたいと思います。