まいにち笑顔のNyaoBlog

商品レビュー・暮らしの工夫・ハンドメイド等のご紹介

ステンレスワイヤーでアレンジしたアシンメトリーイヤリングの作り方

イヤリング

こちら手作り感満載のイヤリングとなります。(^-^)

ちょっとくらいいびつでも、ハンドメイドは「世界に一つだけの、誰ともかぶらない物が出来上がる。」と言う所が一番の利点です。

では、楽しみながら作り方行ってみましょう。(^^♪

ステンレスワイヤーでアレンジしたアシンメトリーイヤリング

ワイヤー

このワイヤーはホームセンターコーナンの、工具売り場のあたりで販売されているワイヤーになります。

お値段は税別98円安い!

アクセサリー用では有りませんが、簡単に曲げられますし、使いやすい太さなのでアレンジしやすいです。

  • ステンレス線:5m

  • 線径:0.9㎜

必要なパーツ

必要なパーツ

  • カットしたワイヤー : 10cm✖2個

  • お好きなビーズ : 5㎜✖6個

  • Tピン(3cmくらい) : 1個

  • 9ピン(3cmくらい) : 1個

  • ノンホールピアス : 1組

  • 丸カン : 4㎜✖2個

用意する道具

ヤットコ類

丸ヤットコ、ニッパー、平ヤットコ

ステンレスワイヤーでアレンジしたイヤリングの作り方

イヤーアクセサリーの作り方1

1.カットしたワイヤーを用意します。

2.真ん中5cm部分が頂点になるように、両端をつまみ持ち、写真のように曲げていきます。

3.更にクロスさせ頂点が輪になるように、左右反対方向に引っ張ります。

4.人差し指で輪の部分を押さえておくと、安定して引っ張りやすいです。

イヤーアクセサリーの作り方2

5.直径を5㎜くらいにします。

6.右部分のワイヤーを、親指と人差し指を使いカーブにします。

7.こんな感じです。

8.反対側も同じように曲げます。

イヤーアクセサリーの作り方3

9.ワイヤーの端を丸ヤットコで挟み、丸めたい方向へ手首を返し輪にしていきます。

10.写真の方向に少しずつ、丸ヤットコで巻き込むように、直径3㎜くらいの輪にします。

11.形を整えます。

12.横から見た時に、平らになるように整えます。

イヤーアクセサリーの作り方4

13.もう一つのカットしたワイヤーは、真ん中ではなく端から3cm部分が頂点になる様に曲げていきます。

14.こんな感じです。

15.写真12番の上の輪と、同じ大きさになる様に調節します。

16.短い方のワイヤーを、人差し指と親指でつまみ持ち、カーブにし丸ヤットコで端に輪を作ります

イヤーアクセサリーの作り方5

17.長い方のワイヤーは、写真の様な形になるよう、指を使い曲げます。

18.ワイヤーの先端を、外側に巻いていきますが、カールのようにしていきますので、いったん小さな輪を作ります。

19.そのまま更に、写真の状態になるように、グイっと巻きます。

20.形を整えます。

イヤーアクセサリーの作り方6

21.Tピンにビーズを3個通します。

22.ピンの先を90度に曲げ、7㎜残しニッパーでカットします。

23.カットした部分を、丸ヤットコを使い輪を作ります。

24.9ピンにビーズを3個通します。

イヤーアクセサリーの作り方7

25.ピンの先を90度に曲げ、7㎜残しニッパーでカットし輪を作ります。

26.輪を前後どちらかに開きます。

27.写真12番で作ったワイヤーパーツの、右下の輪に通します。

28.輪を閉じます。写真のように持つと閉じやすいです。

イヤーアクセサリーの作り方8

29.ビーズのもう片方の輪を開きます。

30.ワイヤーのもう片方の下の輪に通し、輪を閉じます。

31.こんな感じです。

32.Tピンにビーズを通し輪を作り、写真20番のワイヤーパーツの、短い方の部分の輪に通し輪を閉じます。

イヤーアクセサリーの作り方9

33.丸カンを用意し、隙間から半分を平ヤットコでつまみ持ちます。

34.もう半分全体を丸ヤットコで固定するように、写真のように挟み平ヤットコを後方に開きます。

35.開いた輪にノンホールピアスを通します。

36.更にワイヤーパーツの上部の輪を通し、輪をとじて出来上がりです。もう片方も33~36と同じ工程で作成します。

あとがき

イヤリング 手順は上手く伝わりましたでしょうか?

巻きのワイヤーを購入すれば、沢山作ることが出来ますし、輪を作る練習にも大活躍します。(^-^)

どんなふうに曲げても、意外と可愛いものが出来上がったりしますので、あなたらしいイヤーアクセサリーを作成してみてはいかがでしょうか。(^-^)