まいにち笑顔のNyaoBlog

商品レビュー・暮らしの工夫・ハンドメイド等のご紹介

ビーズとワイヤーだけで簡単に作れるカラフル指輪にチャレンジ!

ビーズの指輪

ビーズとワイヤーだけで出来ちゃう、簡単な指輪の作り方のご紹介です。

ビーズの色を変えるだけで、かなり指輪の表情が変わるので、楽しんでたくさん作ってみていただけると嬉しいです。

ビーズとワイヤーだけで簡単に作れるカラフル指輪にチャレンジ!

指輪をはめた手

出来上がりはこんな感じになります。

では、さっそく作って行きましょう!

用意するもの

ビーズ

お好きな色や質感のビーズ

ワイヤー

ワイヤー

このワイヤーはダイソーの工具売り場にありました。

サイズは0.55mmのステンレス針金で、とても柔らかく曲げ伸ばしが簡単に出来ます。

強度が強くさびにくいのが特徴です。

用意する道具

ヤットコ

丸ヤットコ、ニッパー、平ヤットコ

ビーズが紛失しないように入れておく容器

ビーズとワイヤーだけを使った簡単な指輪の作り方

指輪の作り方1

1. ニッパーでワイヤーを長さ10cmにカットします。

2. カットしたワイヤーの先を、丸ヤットコを使い“写真4”のような輪を作っていきます。ワイヤーの一番先端をはさみ持ちます。

3. そのまま右回転させて輪を作ります。

4. このような感じになります。

指輪の作り方2

5. 作った輪を、写真と同じような状態でもちます。

6. 平ヤットコの先端ではなく、中央辺りのしっかり挟める部分で、作った輪の半分をはさみます。

7. このような感じで。

8. しっかりと挟んだまま、親指でワイヤーを上方向に曲げます。この時に輪の外側にワイヤーを添わせるように曲げて下さい。

指輪の作り方3

9. すると少しカーブがつき、このようになります。

10. それを先ほどと同じように、輪の半分を平ヤットコではさみます。

11. さらにワイヤー部分を上に曲げます。この時、輪をはさみ持っているヤットコを、しっかり固定して輪が動かないようにしてください。

12. このように、徐々にワイヤーが丸まってきます。

指輪の作り方4

13. さらに同じことの繰り返しで、輪の半分をはさみ持ちます。

14. ワイヤー部分を上に曲げます。

15. こんなふうに渦巻きができましたか?

16. 作った輪の反対側のワイヤーの先端から、ビーズを通していきます。

指輪の作り方5

17. ある程度ビーズを通したら、はめたい指に合わせて長さを確認します。

18. 写真くらいの隙間が開く程度まで、ビーズが入っていれば OK です。

19. ビーズの入れ終わった部分から、ワイヤーを2㎝残しニッパーでカットします。

20. カットした先端を、反対側の渦巻きと同じように丸めていきますので、工程の2から14までを繰り返します。

指輪の作り方6

21. するとこんな感じになります。

22. 平やっとこで渦巻の部分を、写真23の向きになるように曲げます。

23. 出来上がりです。

24. 指にはめるとこんな感じになります。

カラフル指輪のアレンジ提案

  • 中央に少し大きめのビーズを入れてアクセントにしてみる。

  • ワイヤーを長めにして、二重、三重に巻いて二連や三連にしてみる。

  • 渦巻の大きさを左右で変えてみる。

あとがき

指輪をはめた手

使用したダイソーのワイヤーは、細くてかなりフニャフニャなので、簡単に渦巻き状にできますが、扱いやすいが上に何かの拍子に渦巻きの部分が引っかかった場合、指輪が簡単に変形してしまいますので、その点はご注意ください。

ワイヤーが太めになってくると、硬くなりかなり曲げにくくなりますので、渦巻きにするのが難しくなりますが、指輪としての強度は高くなります。

作ることに慣れてきたら、だんだん硬めのワイヤーでチャレンジするといいかもしれません。

完成した指輪は、渦巻部分を内側でも外側でも使用することができます。

自分の指の形にしっかりとフィットさせることができるので、装着していても違和感はありません。

この作った指輪をしていると、色味が結構めだつので周りから「可愛い~」と褒めてもらえますし「ハンドメイドだよ。」と言うと、「えっ⁉スゴイ!」と驚かれるので「いやいや、簡単に作れるんだよ~。」と話がはずんだりします。

本当に簡単に作ることができるので、色々アレンジしてたくさん作ってみてくださいね。