まいにち笑顔のNyao Blog

雑記ブログ:商品レビューや日常の出来事、高齢者との暮らしについて

軽く触れるだけのタッチオープンドア冷蔵庫で楽々開閉

一家に1台はあろうかと思われる大きな物体。その名は「冷蔵庫」ドッシリと台所に腰を据え、堂々としたその存在感はなかなかの物です。

我が家の冷蔵庫は両開きタイプでしたが、何故か年々扉の開閉が異様に硬くなり、去年末には渾身の力を込めないと、開かなくなってしまいました。渾身の力を込めたとしても、扉は開かず冷蔵庫本体ごと動く状態になっていました。

私は指に関節炎があるので、無理に力を加えると炎症を起こすため、気が付けば、自力で開けることができなくなってしまいました。私だけでなく高齢の父も力がなく、指の関節を痛めてしまったので、思い切ってその時、買い替えることになりました。

冷蔵庫の買い替えって一大事じゃないですか?お値段もなかなかのドッシリ感だし、なんせ大きいし、大変お世話になってきたし、愛着もあるし、買い替えるって事は別れを意味するって事で、少し切ない気持ちになりましたが、もう15年くらい頑張ってくれたので、買い替えることを決心しました。

冷蔵庫選びの第一条件

電気屋さんで色々な冷蔵庫を見て回りました。今は野菜室が1番の下で、冷凍庫が真ん中が主流で、私はその事に驚いてしまいました。

よく使う野菜が真ん中じゃないの?と疑問に思いましたが、店員さん曰く、今は冷凍食品も豊富に出回り、冷凍庫技術も進んでいるので、美味しく冷凍できちゃうとのことで、上部が主流になっているとの事でした。なるほど。

しかし我が家は断然、野菜の出し入れが頻繁に行われますので、野菜室が真ん中に配置されている事と、軽く開閉できる扉を第一条件に選択していきました。

そして選んだ一品がこちら

東芝、GR-K41GXV右開き

色はホワイトで見た目は全体的に丸みはなく「ボックス!」と言った感じでスタイリッシュです。ドア表面は鏡面仕上げになっていて艶っとキレイです。マグネットはくっつける事はできません。

この冷蔵庫はタッチオープン式で、まるで魔法です。指の痛い私達家族は、この冷蔵庫に出会えて、何の力も要らず開閉する事ができ、気が付けば関節炎が無事に治まっていました。やはり、以前の冷蔵庫でかなり力を使っていたのですね。

高齢者や手の不自由な方にも、触れるだけで開くので本当に便利だと思います。手袋をしたままでもセンサーは反応して開きます。

お料理の途中に手が汚れていたり、水で濡れていたり、冷蔵庫の中のあの調味料とりたいわって時も手の甲でチョイと触れるとブォン♪と自動開き。便利すぎます。

 

冷蔵庫

どんな冷蔵庫なの?

冷蔵

全体容量で410L三人家族分くらいです。我が家は大人三人で、充分この容量で足りていますが、四人家族で食べざかりのお子様が居る家庭にはこの容量では少ないと思います。

中はガラス板が3枚あり、割れないか心配でしたが、お皿を入れても大丈夫です。上2枚は高さが変えられます。

そして、ルキャネットと言う除菌脱臭ユニットがチルドルームの天板板に備え付けられていて、上からLEDライトの光を当てると効果を発揮します。確かに冷蔵室の中に、らっきょやキムチを入れていてもいつも爽やかで臭ってません、ルキャネットのおかげですね。

ドアポケットも充実していて、小物も沢山入ります。牛乳パックは5本半並びます。その手前にもポケットが有り、ヨーグルトやチーズ等が収まります。ドアポケットに色々入れることが出来ると、取り出し安く使い勝手がいいです。

冷蔵庫の中

ドアポケット

チルド室

生活感丸出しでスミマセン、これくらい入ります。

製氷機

製氷時間は通常製氷(2時間に一回10個づつ)、一気製氷(1時間に一回10個づつ)、お出かけ機能(8時間に一回10個づ)の3タイプから選んで設定できます。貯氷量は平らにならして150個ほどで、落ちてくるそのままだと50から100個になります。この設定は特にコロコロ変えてません。

冷凍室

上段の冷凍室(右側)は、手で持てる程度の熱さの食品を冷凍することもできます。または、残った野菜を専用のマットを敷いて冷凍する事もできます。更に、煮物や天ぷらに使う野菜を野菜冷凍ドライ機能を選択し、野菜を切って重ならないように専用マットの上に並べれば乾いた冷気で水分を飛ばしてくれて、ベストな状態でお料理できます。

冷凍室

下段の大きな冷凍室はスライドケースは高さ10センチ、その下は高さ20センチになります。

 

冷凍室

冷凍室の上

野菜室

野菜室は一般的な野菜室で、小物野菜を入れるスライドケースが上についていますが、高さはないので本当に小物野菜の収納になります(高さ9センチ)。そのスライドケース下の野菜室は高さは15センチまでいけました。

その大物野菜コーナーですが、大きめのキャベツ1玉いれると1/4容積を占めます、ですので小まめに買い物する方なら、この容量でも使い勝手に問題はないと思いますが、買いだめする方には、小さいと思います。

我が家の場合は3日に一度は買い物をするので問題ないと言った所です。手前は大きなペットボトルが右に二本入ります。左側の手前は高さがあるので、ポン酢やドレッシングが入ります。

野菜室

各種機能の設定

設定の切り替えは全てドアの表面の左下部(ホームキーの下)に触れると、タッチパネルが点灯するので、そこから操作していきます。もちろん節電の設定もありますし、自動開閉を止めることもできます。もちろん自力でも開閉できます。半ドアも教えてくれます。

 

冷蔵庫のドア

デメリット

まずは冷蔵庫の近くを通るときに、センサーに触れてしまうとドアが開いてしまう事です。これ、私はやったことないんですが、父が歩く時にあちこちに手をつく癖があり、そのセンサー部分に手をついたり、もたれかかった時にブォンと扉に攻撃されてます。

それと、ガラスの板なのでお皿ごとしまうときに、気を使うことです。なのでクッション材を敷いてます。これで全く気になりません。しかし、使用に慣れていくと、ガラスでも全く気にならず、ガンガン置いて閉まっていますが何の問題も有りません。

買い替え時の注意点

設置場所の寸法を測る。高さ、幅、奥行き。コンセントの位置までの距離。買い替える冷蔵庫が搬入できるかどうか。

これ、結構忘れがちなので、しっかり測って買いに行きましょう。

数カ月使用してみて

容量は410Lでは、3人でギリギリの容量ですね、時折4人になる時がありますが我が家の場合、全く足りませんでした。もう一回り大きいものが良かったなと感じます。

扉に関しましては、バンバンと頻繁にタッチオープンしていますが、今のところ快調です。手の痛い方には、本当に優れものの冷蔵庫だと思います。

野菜室はよく使うので真ん中で正解でした。一番下の位置から出し入れするとなると、高齢者には大変なようで、真ん中で良かったと言っています。

 

まとめ

もう素敵です。中身の棚がどうなっていようが、配置がどーのこーのより、この扉にひと目惚れでした。

冷蔵庫を選ぶ1番のポイントは「扉が軽い」だったので、とにかく片っ端から中身も見ずに、開けては閉め!開けては閉め!だけの動作を素早く繰り返す客に、店員さんは声をかけるタイミングも測れずでしたが、ある一台の冷凍庫の前に来たとき取っ手や手をかけるくぼみがなく、「ん、どうやってあけんの?」と一瞬立ち止まった時に、店員さんがサササっと近づいてきて、あの魔法の一連の動きをして下さいまして、「え?感動なんですけど」もう「君に決定」です。

一応、他の冷凍庫も全部開閉しましたが、心はブォンに奪われていたので、その場で決定して購入しました。そして5日後に我が家に無事搬入されました。

今までお世話になった冷蔵庫が、家の外でポツンと立つ姿はさすがに胸が痛くなって、今まで有り難うそしてさようらと、別れを告げ写真も取りました。

電化製品が壊れる時はいつも「突然」です。ですので、慌てて電気屋さんに駆け込んで思案する時間もなく買い替えなくてはならない状況に陥りがちです。

洗濯機、電子レンジ、炊飯器、特に冷蔵庫は長いお付き合いになるので、選ぶ時は自分の用途に合ったものにしないと、後悔する事になりますので機器に不具合が生じ始めたなら、速やかに次の思案をしておいた方が「後悔先に立たず」ですね。「先手必勝!」ですね。

家電品は後継品が続々と登場しますので、我が家の冷蔵庫も既に型落ちしています。下記が後継品のようです。冷蔵庫は故障すると「待ったナシ!」状況に陥りますので、今お探し中の方は頑張って良い商品が見つかると良いですね。\(^o^)/