まいにち笑顔のNyao Blog

雑記ブログ:日々の工夫や体験、商品レビュー

マキアージュのドラマティックパウダリー UVミニパクトに鏡をつけてみた

ドラッグストアの資生堂のコーナーで、台紙に吊るし掛けられて販売されていた商品が目に飛び込んできまして、キラキラした小さな容器だったので、アイシャドウかと思いきやパウダーファンデーションでした。

それはCMでお馴染みの大人気のムース生まれのパウダリー「マキアージュのドラマティックパウダリー UVミニパクト」なんですが、こんなサイズ感待ってましたので定番化してほしいと切に願います。

ファンデーション

大きさは左が普通サイズで、右がコンパクトサイズで厚みも2/3ほどです。

普段から外出時に小さなポシェットを持ち歩くときに、コンパクトにしたくて容器をインテグレートの小さいコンパクトに変えて使用していたのですが、厚みがもっと薄くなってくれたらなぁと思っていたので、まさにドンピシャのマストな商品に歓喜しました。

小さくてとても可愛いです。

コンパクトサイズファンデーションを手に持った所

開閉はスライド式になっています。コンパクトさが絶妙です。

しかし、しかしです。鏡がついてないのが難点です。鏡の無いところでお化粧直しはできません。かと言って鏡を探し求めたり、わざわざ手鏡や他のアイテムの鏡を出すなど手が足りません。

そこで、どーにか鏡を付ける事は出来ないかと考えて、アッ!カードミラーがあるじゃないか!?と思い、ダイソーへ探しに行きました。

そしたら、ちゃんと答えてくれますダイソーさん。

一軒目のダイソーさんは、まさにカード型のミラーを紹介してくれたのですが、なんとも分厚い。。。

二軒目のダイソーさんで、何やらぴったりなデザイン感のカードミラーを発見!   おそらくこの商品、ガラケー時代からある商品でしょう。パッケージの絵が二つ折りの携帯電話なので。しかし、今でも需要バッチリですよ。

と、言うことで貼り付けました。

ファンデーションとミラーシート

容器の裏に貼ろうかと思ったのですが、いちいち裏返すアクションが手間なので、スポンジを収納する面に貼りました。

少しの大きいので両端をハサミでカットしました。

鏡にファンデーションがつかないように、スポンジをしまうときはファンデーションを塗布する面を表にして収納しました。

これで、ササッとお化粧直しできますが、このミラーシートは鏡としてのクオリティは低いです。モヤっとした映りです。しかし、無いよりマシよ!と言う感じで使ってます。

ファンデーションについての詳細です。

カバーするのに透明感。どこから見ても美肌に仕上げる「360°美肌パウダー」

ふわり軽やかにフィットする「ムースプレス製法」で、美容液水とパウダーのふわふわなムースからパウダリーファンデーションをつくる、資生堂独自の製法。肌にとけこむような、なめらかなのびと、均一なフィット感を実現しました。

つけているのを忘れるくらい軽く無重力級、エアムードパウダーでまるで風船のように内部が空洞のパウダーを採用。 光が当たると球状の光拡散効果で、肌にふわっとした明るさを与えます。

ドラマティックパウダリー UV(ミニパクト)4g 全3色(オークル00・オークル10・オークル20) ◯SPF25・PA+++ ◯オールシーズン 〇限定デザインケース付き(3種) 〇やわらかフィットスポンジ付き ※スポンジは濡らさずにお使いください*数量限定品