まいにち笑顔のNyao Blog

雑記ブログ:日々の工夫や体験、商品レビュー

苦しみや悲しみを乗り越えた先で出会う自分

過去に自分の想像を遥かに超越した、悲しみや苦しみに出会ったことがあった。その時、涙や声がまったく出なかった。

何で泣かないんだろう私…と、そんなことを冷静に考え、その事に驚いていた自分がいた。

私はそこから立直るのに、十年くらいかかってしまった。なかなか暗黒期は長かった。

途中、元気になったつもりでも、実際はカラ元気だったり、突然、魂が抜けたように停止したり、笑い方がわからなくなったり、だけど、そんな自分を周りには悟られまいと、明るく振る舞って、家に帰るとどっと疲れて、いつしか「虚しさ」ととても仲良しになっていた。

その「虚しさ」が私を強くしたことは間違いない。その経験で感じたことをここに記す。

うつむく女性

自分圏外の苦難

自分の想像枠の圏外に受けた衝撃は、瞬間には脳に到着せず、まず「無」「呆然」となるようだ。

遥か彼方に受けた衝撃波は、徐々に想像枠の仲間入りを果たし、事実を受け止めざるを得ない状況になり、ようやく感情の形の涙になる。

そして、その後その涙は、無情にもなかなか止んではくれない。なんなら、自分の意思とは無関係に、涙が流れたりする。

自転車に乗っている時に、突然ポロポロ涙が出てきてしまい、丁度その時に雨が降ってきて、涙を隠してくれる形になり、それ以降、雨は味方となり、雨がすっかり好きになった。

止まない雨はないように、「時間の流れ」と言う薬が、ゆっくりと全身に染み渡り、やがては瞳や心に溢れる涙を止めてくれる時がやってくる。

まずは苦難を受け止める

今、息も出来ないくらい苦しくてもがいていたとして、一歩も前に踏み出せなくても、起きてしまった事柄、起きている事実をまずは受け止めてみるところから始めて、息が止まりそうなら、止めてしまいそうなら、そこで立ち止まるより横道にそれてもいいと思う。

歩む足

今、真っ暗闇の中にいたとしても、それた横路に光が差し込んでいるかもしれない。景色を変えれば、考え方も前向きに変わるかもしれない。

立ち止まっていては「自分の時」は進まないのだから。まずは冷静に受けとめ、客観視するのがいい。

気付いてほしい気持ちは既に自分が気付いている

誰も私の気持ちをわかってくれない…誰も気がついてくれない…

などと嘆かなくても、そう言う虚しい気持ちも、もがき苦しむ心も、どうしていいかわからない苛立ちも、真っ先に自分自身がわかっている第一の理解者だ。

誰に気付いてもらえないとしても、嘆いたりせず心強く持ち、笑っていられるようになれば心に圏外はなくなる。心の電波は広がれば広がるほど、心に余裕があふれる。

一ミリでも前に進んでみる

なかなか動き出せないかもしれないけれど、そんな時は少しづつ少しづつ、本当に少しづつでもいい、前に進んで道を作り、振り返ったとき綺麗な花が咲乱れているように、いつか自分だけの景色を、絶景に変えてやるのだ。その景色を広げていくイメージで人生を歩めばいい。

開拓作業

大事なのはその横道でうずくまるのではなく、自分の手で開拓していくことだ。どうやって開拓すればいいのか悩むところだが、世の中には情報が溢れている。

今の悩みに直結する書籍を読んだり、ネットなら情報は満載だし、日記をつけて気持ちを吐き出すと言う手もある。すると心の中を整理できたりもする。

日記

日記に気持ちを預ける

私は日記に吐き出しまくった。時を経て日記を開けば、簡単にその当時にタイムスリップできるし、その日記の中にいる自分にツッコミをいれたりできる。

読み返すと、殴り書きのときもあった。なんなら涙の跡もある。文字の筆跡から、落ち着きや苛立ちも読み取れる。1ページに巨大な殴り書きの文字で「バカヤロー!」なんて日もあった。

しばらくして読み返した時、あの時の私に一番教えてあげたいのは、「大丈夫、あなたはそこから這い上がり強くなるんだから、安心して悩みなよ。」と言うことだった。

帽子に手をかける女性

悩んだ時期は価値がある

そう今、悩んでいたとしても、未来の自分は必ず味方なのだ。 一寸先の自分さえも味方である!

そして、今、あの圏外の時を乗り越えたんだと思うと勇気になる。それは決してお金では買えないのだから、相当なる価値があり心の財産になる。

そしてそれを手に入れる度に心はどんどん強くなる。人を思いやれる、優しさの中に本物の強さを秘めた人間になれたら、そんな素晴らしいことはない。

苦難は価値観も変える

今日も人生の足元に花を咲かせるべく、そこに苦難が立ちはばかろうと、その苦難がどんなに理不尽な出来事であろうと、負けない気持ちで乗り越えていく。

人生の大半は、辛いことや悲しいこと苦しいことで、楽しいことなんて1割程度かもしれなくても、様々な経験がその苦難さえも、心の肥やしになるんだと考え、辛さに価値を見いだせたら自分に勝てる。強くなれる。

両手を広げた後ろ姿  

強くなりすぎないように

しかし、強くなりすぎると、人を全く頼らず無理をしがちになるので、一人でどうにもならないときは、信頼できる身内や友達、先生や相談窓口に頼る。

「信頼できる」が大前提。相談相手を間違うと大惨事になる可能性があるから。

聞いてもらうだけでも心は軽くなれるが、聞く側の気持ちも考え、相手の心に寄り添う気持ちも忘れてはならない。

生きる

人それぞれの運命により、与えられた人生の長さは違う。その中で日々様々なことが巻き起こるけれど、苦しみや、悲しみ、辛さを乗り越えて行くことで、心を限りなく成長させる事ができるし、乗り越えた先で出会う小さな幸せに有難さを感じられる、人は素晴らしい生き物である。

www.nyaoblog.com

人生の長さは、わからないからこそ、一日一日を大切にして、そして何より自分自身を大切にして、周りの人達も同じように大切にし、今そこに悲しみがあるのなら、いつかは笑い話にできる強い自分に出会えると信じて、その人生を存分に悩み笑い生きていこう。