まいにち笑顔のNyao Blog

雑記ブログ:商品レビューや日常の出来事、高齢者との暮らしについて

「ミカンカッター」高齢の母も楽々剝けちゃう便利グッズ

ミカン美味しいですよね。普段、ミカンを食べる時オヘソの方から、何気なく無意識にスイスイと指で剥いて食べますよね。

私は皮ごと真っ二つにして、皮をペロッと剥いて4分の1を勢いよく食べます。

高齢になる両親と暮らしていますが、80歳を越えると以前は出来ていたことが、徐々に出来なくなってきたりします。

目が悪くなったり握力が弱くなったりで、ミカンを剥くことも一苦労だったりします。ましてや、私のような豪快な食べ方をした日には、喉に詰まらせて大変な事になります。

母は指の関節が変形している為、更に細かい作業が困難な状態なのですが、ミカンが大好きで、よく食べるので私が居る時は剥いてあげることができますが、私は普段仕事をしているので、常に食べたいときに側に居ることは出来ません。

そこで「オレンジカッター」の登場です。

オレンジカッターのパッケージ

オレンジカッター使い方

ミカンの皮を剥く

ミカンを剥く時に1番初めに親指の爪を当てる所に、この三角のカッターの刃の先を当て、スッと下ろすとミカンの皮に切り目が入る優れものです。

これで、母も私が居ない時でも一人で簡単に剥くことが出来るようになりました。世の中には「便利グッズ」が沢山出てますよね。スゴイです、有り難い。

ミカンの裏のオヘソにカッターの刃を当てます。そのままスーッとヘタへ向かって下ろします。そしてまた、ヘソの方にカッターの刃をヘタまでスーッと下ろします。すると、三角に切目が入り簡単に剥けます。カッターの持ち方なんですが、上部の丸くなった所に、人差し指を添えるのが正しい持ち方になります。しかし母は指が伸びない為、握る持ち方になりますが、それでも使用出来ています。

みかんカッターの持ち方

薄皮の剥き方

薄皮の向き方

ミカンの薄皮が苦手で、丁寧に剥いてい食べる方もいらっしゃおますよね。お菓子作りにミカンの薄皮を剥かなくてはならない時には便利かと思います。

まず、カッターを半分に折りたたみます。この時、刃の部分を握ったり力を入れ損ねて手が滑ってしまうと危険ですので、慎重に指を切らないように気をつけて下さい。

カッターを半分にたたむと今までミカンを剥いていた刃が、カッターの下の持ち手の部分に空いた穴から顔を出します。溝にミカンを一つセットして、下にスッと引きます。すると、見事に一筋に皮が切れます。袋を開けるように左右に開けば果肉が現れます。

使用した感想

なんとも簡単に切れ目が入って重宝します。ネイルされてる方にも便利だと思います。この「オレンジカッター」のおかげで母も出来ることが一つ増えました。

かつては簡単に出来ていたことが出来なくなってしまい、本人もその事に苛立ってしまったりします。本人にとっては大好きなミカンですし「できた。」は凄く嬉しいんですよね。

近年、このような便利なグッズが沢山販売されていますので本当に助かります。

便利グッズの最高峰だと思えた、感動的な使用感の冷蔵庫に出会えたのが、こちらの記事になります。

 

www.nyaoblog.com

 

注意事項

結構、刃の部分は鋭いので半分に折りたたむ時は慎重に行う事と、ミカン以外には使用しない方がいいです。

母が柿を剥こうとしたのですが、柿は身と皮がくっついていますし、硬いのでスーッとは刃が入らない為、手元が狂いあらぬ方向に刃が剥いて指を切ってしまいました。これがまた、かなり深く切れてしまいました。購入検討されている方は、くれぐれもご注意下さい。

便利グッズですが、使ってみないと盲点もわからないものなので参考にしてみて下さい。