まいにち笑顔のNyao Blog

商品レビュー、暮らしの工夫、ハンドメイド等についてのご紹介。

メタルラックをドレッサーにしたら鏡が見やすくなった

皆さんはメイクを、何処でしていますか?ドレッサー、洗面台、ダイニングテーブル、居間でテレビを観ながらなど、様々な場所でされていると思います。

私は以前は家具屋さんで購入したドレッサーを使用していましたが、引き出しが浅かったり、横の引き出しや棚が使いづらかったり、ドライヤーが収納出来なかったり、椅子から鏡までの距離が遠くて、アイメイクが見え辛く不便だったりで、どうもしっくりこず試行錯誤したあげく、今はメタルラックをドレッサーにしています。

使い勝手が良いので、ご紹介したいと思います。なにやらゴチャゴチャしてるようですが、メタルラックは全てがむき出しなので、カバーを掛けたり、BOXに収納すればゴチャゴチャ感は無くなります。

メタルラックをドレッサーに

メタルラック

メタルラックは自分の体に合わせて、棚の位置を自由自在に変えられるので、自然に使いやすい位置に、物を配置できる事が1番の利点です。

寸法

このメタルラックは幅74高さ120幅35、棚が4枚で出来ています。メタルラックは色んな奥行き、幅、高さが有りますので、どのくらいの量の物をどこに配置するかを、あらかた思案して、収まるベストな寸法を導き出して下さいね。

1段目

1段目の棚はドライヤー、クシ、手鏡を収納。ドライヤーはサッと取り出し、サッとしまえてとても便利。

メタルラック1段目

1番右の箱には、コットンとリキッドファンデーションの、スポンジスペアが入ってます。

コットンの入った箱

アイロンは、かなり高温になりますよね。しかしメタルラックなので、そのままサッとしまえます。ドライヤーのコードは、棚の奥の方の棚の隙間に通します。

そのままだとコードがごちゃごちゃになるので、壁側の棚にS字フックを引っ掛けて、コードをそこに掛けています。

2段目

2段目は、テーブルになる部分で、左のケースにはヘアケア用品やボディミルク、右側のケースには、スキンケア用品を収納しています。

座った時に、右側の膝あたりの位置に辺りには、ティッシュとメイクアップ用品を配置。使用する時は、下の3段ボックスごと手前に引き出します。

メイク用品を取る時にこの位置にあると、手の動きが楽です。これはスキンケア用品の、横に並べても良いですね。

1番のポイントの鏡

1番のポイントがこの鏡です。

この鏡は置き型の鏡なんですが、洗濯ばさみのようなクリップに、J字のフックが付いたものをシェルフに付け、鏡の脚を引っ掛けて吊るします。

鏡の吊るし方

ですので写真のように前後に傾けることができる為、マスカラを塗る時は、鏡を上に向けて、斜め下からマスカラを塗ることができます。

何より、座った位置から鏡までの距離が近いので、自分の顔が間近に映す事ができ、メイクが格段にしやすいのです。もう、笑ってしまうほど顔のド真ん前に鏡が来ます。

通常のドレッサーは、座椅子と鏡の距離を縮める為か、テーブル部分が狭くなってしまいますし、かと言ってテーブル部分に奥行きがあると、自ずと鏡も遠くなります。 至近距離に鏡があると、本当に見やすくてメイクがはかどります。

メイク小物類

テーブル部分の右側には、立つ系のペンや筆のメイク小物類と、小さな引き出しには、綿棒やマウスケア用品を収納。

3段目、4段目

3段目と4段目は、10センチほどの高さになり、届いた手紙や書類を置いています。いちばん上の4段目棚は、メガネ、タブレット、ウォークマンなどを置いてます。

足元のボックス

右側の足元の3段ボックスにはヘアアクセサリー、普段あまり使用しない待機のメイク道具、書類、文房具が収納されています。使わない時は、布を掛けてホコリを防ぎます。

スツール

スツールは1000円で、中はたっぷり収納ができるので、ストックのティッシュや綿棒、コットン、カーラー等を収納。

下記記事はメタルラックを2つ使用し、システムデスク風にしてみました。

www.nyaoblog.com

まとめ

引き出しを、開けたり閉めたりする手間がなく、全ての物が速やかに取り出せるので、かなりの時短になっています。

自分の置きたい物の高さに調節できますし、小さなラック(シェルフの棚に、掛けることが出来る小さな棚が、百均で販売されています。)をサイドや手前の、好きな所に掛けることができて、空間も無駄なく利用できます。

見た目がゴチャゴチャして気になるのであれば、カーテンを掛けて前面を隠してしまえばスッキリとします。メタルラックはホームセンターで3000円〜4000円くらいで購入できます。

使い勝手の良いドレッサーで、毎日のメイクを楽しみましょう。