まいにち笑顔のNyao Blog

雑記ブログ:商品レビューや日常の出来事、高齢者との暮らしについて

リキッドファンデーション2色を混ぜて自分の肌色に限りなく近づける

装う事で変化する、それが「化粧」。自分に合った化粧方法がわかれば、どんどん綺麗に変化していく事ができます。簡単に変わる事が出来るので、お化粧は楽しいですよね。

私は化粧を始めて30年経ちますが、基礎化粧品から始まり、メイクアップアイテムも色々と使用してきました。メーカーも海外ブランドから国内ブランドまで、次から次へと留まることなく新たな商品を使用してきました。

本日はエスティローダーのリキッドファンデーションのご紹介です。

ダブルウェアステイインプレイスメイクアップ

使用感

ロングセラー商品で口コミも良いですね。長年、愛され続けるには訳が有りますよね。

このファンデーションはピタッと密着するがあまり、素早く伸ばさないと伸びにくくなると口コミにあるのですが、スキンケアの段階でしっかり保湿を行えば、比較的スムーズに伸びてくれました。

専用スポンジが販売されています。

SPF値は低い

SPF10しかない為、私は真夏は下地の段階でSPFの値の高い物を選んでいます。

使用方法

瓶の蓋を開けて中指で瓶の口を塞ぎ、底部分に親指を添え逆さまに向け、半分ほど瓶の口のヘリで削ぎ落とした量が顔半分の量になります。

直接指を付けることに抵抗があるので、私は容器に移し替えて使用しています。容器に移し替えるのはそれだけの理由ではありません。濃淡2色を購入し混ぜて使用する為でも有ります。

濃淡2色を交ぜて使用

使用色

私の肌は白めですが、頬に赤味があります。他社メーカー使用色は資生堂はオークル00、コーセーはBO300か305、カネボウはベージュB、カバーマークはMN10を使用していました。 ファンデーションと容器

ダブルウェアを2色を混ぜて使用していますので、それを混ぜ合わせるためにも、容器に移し替えています。

色番号#17と#62を混ぜています。肌に赤みがある為、明るいイエロー系の#17と、自分の肌よりワントーン暗めの#62を選択しました。そうすることで、日焼けに応じて色を調整することもできるので便利です。

入れる容器

プッシュ式容器や柔らか目の容器に入れる事で、押せば指の上にファンデーションを出す事ができるので、衛生上もいいかなと思います。

好きな割合で混ぜて使用

夏場は半々ぐらいの割合で混ぜていましたが、冬になり日焼けが落ち着いてからは、#62は30%程度の割合で混ぜています。この2色を百均の容器に入れています。容器が柔らかいので、押せば出てきます。

単体で使用した時の色味

色番#17単体ですと、赤みを隠しつつ色白にしあがります。チークがかなり映えます。#62単体ですと、赤みに馴染みつつ#17よりは暗めに仕上がります。

容器に移し替えてからの使用方法

適量を指に出し、頬の数カ所に点々と置いて、人差し指全体で鼻の脇から耳側へ一気に伸ばし、私は百均のスポンジで滑らさずに叩き広げでから、スッと横に滑らせて伸ばします。

そのままオデコや鼻にスポンジで叩き込みながら伸ばし広げます。

仕上げはフェイスパウダー

最後にフェイスパウダーで仕上げます。この最後のフェイスパウダーで、肌の印象がかなり変わります。

マット、シアー、シルキー、グロウ等、お好みの仕上がりに持っていけるのがフェイスパウダーです。フェイスパウダーをのせることで、油分が吸い取られて化粧崩れも緩和してくれます。

お好みの仕上がりを見つけて、美しい第2の皮膚を装う事で、アイメイクやチーク、口紅も映えてきますのて、素敵に変化を楽しみましょう。