nyaoblog

暮らしの工夫・商品レビュー・美容関連

家の鍵を無くした時の行動手順~遺失物届提出や鍵交換の流れ体験談

家の鍵

家の鍵を無くした時、めちゃくちゃあせりますよね!

しかし、とりあえず落ち着いて下さい。

緊急事態で余分な文章なんて読んでいる時間がないと思いますので、一連の流れを、目次トップの【家の鍵を無くした時の行動手順】に、まとめましたので参考にしてみて下さい。

それ以下の文章は、実際に私の家族が鍵を無くした時の体験談になります。

家の鍵を無くした時の行動手順

  • 落ち着いて探してみる。

  • 最寄りの交番へ、遺失物届提出をする。

  • 賃貸・持ち家など各対処法。

  • 鍵開けの依頼をする場合。

  • 鍵屋を探す。

の順で説明していきます。

落ち着いて探してみる

カバンの中

まず落ち着いてもう一度、カバンの中や、衣服のポケット内をくまなく探す。

ポケットが破れていて、その内部に入ってしまっている場合もありますので、手探りで慎重に探す。

鍵をしまう時に、無意識に財布の中や、財布の外ポケットに入れてしまっていた!なんてこともあるので、入りそうなところをとにかく丁寧に探す。

自転車に乗っている場合、「自転車のカゴに引っ掛かっている」なんてことがあるので探してみる。

その日訪れた場所で、落としていそうな場所に心当たりがあり、連絡が取れる時間帯であれば聞いてみる。

店や交通機関、仕事先など。

それでも、どうしても見つからない場合は、速やかに最寄りの交番に遺失物の届け出をしましょう。

そして手続きが終わり、余裕があり探せる時間帯であれば、自分の歩いたり行動した道中を探してみる。

遺失物届提出をする

最寄りの警察に「遺失物届提出」をする。手続きは15分ほどで終わります。

交通機関で落としたようであれば、そちらにも届けておく。

鍵が見つからなかった場合の、賃貸と持ち家の対処について

残念ながら鍵が見つからず、交番などへの届け出も終わったら、次は家に入る手段を考えなければなりません。

賃貸と、持ち家では対処が違ってきますので、それぞれ解説していきます。

賃貸の場合の対処

賃貸の場合、管理人に連絡をする。

鍵を落としたら、必ず連絡をして下さい。

賃貸の場合、鍵は管理人の物ですので、その事実を伝える必要があります。

「鍵を落としたところを見られて拾われていた!」なんてことになれば、トラブルに巻き込まれないとも限りません。

管理人に連絡すれば鍵を持ってきて開けてくれるか、提携の鍵業者を紹介してくれるなどして、解決できると思います。

ここで管理人と連絡が取れない場合、夜中などでどうしても中に入りたい場合、鍵開け業者に鍵だけ開けてもらい中に入るという手もあります(身分証明が必要です)ので、連絡が着くまで待機しましょう。(しかし費用は発生しますし、それが高額でもどこからも補償が無いかもしれませんので、契約書事項で確認しておくことをオススメします。)

後は大家さんの指示に従いましょう。

持ち家の場合の対処

持ち家の場合、家族がいれば問題なく家の中に入れますが、鍵を無くしたことで防犯面で不安であれば、鍵交換をした方が安心です。

持ち家で一人の場合は、鍵開け依頼で中に入り合鍵を使用するか、合鍵が無い場合や防犯面で不安があれば鍵本体ごと交換しましょう。

ハウスメーカーに連絡すれば、鍵屋さんを紹介してくれて、比較的お安く済むこともあります。(私がそうでした)

家の火災保険などに、鍵のトラブルに関するサービスが付帯されている場合がありますので確認しましょう。

次は、緊急の鍵開けや交換の依頼をする場合についてです。

緊急な鍵開けや、交換時には身分証明が必要

緊急な鍵開けや交換時には、その家の住人であることを証明する必要があります。

そのために、顔写真付きの住所記載の証明書などが必要になります。

身分証明のない場合は、警察立ち合いで作業が可能です。

鍵屋を探す場合

問題なのが鍵屋探しですが、たくさんの業者がありますので、2~3社は見積もりを取り、落ち着いて比較しましょう。

こういったトラブルは緊急を要するため、値段が少々高くても妥協しがちになると思いますので、適切な値段の業者を見極めてから交換しましょう。

鍵の値段の件に関しては、セキュリティ効果が高くなればなるほど高価になります。

流れは以上になります。とにかく焦らずに落ち着いて行動してくださいね。

ここから以下は、私の体験談になります。余裕があれば読み進めて参考にしてみて下さい。

家の鍵を無くした時の遺失物届提出や鍵交換の流れ体験談

家の鍵

鍵を無くしてしまい、どこを必死に探しても鍵の存在を見つけることができない場合、途方に暮れなければならなくなります。

しかし実際のところ途方に暮れている暇も、無くした自分を責めている暇もなく、速やかに次の行動に出なければなりません。

鍵を無くしてしまったのなら、どこで落として誰に見られ、拾わていたり、つけられたり、どのような状況が巻き起こっているかわからないので、防犯上の問題もついてきます。

そういう事態は予期できず、突然やってきます。

「備えあれば憂いなし」と言うことわざがありますが、鍵紛失についての「備え」の部分となると、「その緊急事態にどうすれば良いのか?」を、普段から下調べしておく事が大切になります。

そこで我が家の鍵紛失騒動の経験を踏まえて、「いったいどのように対処したのか」一連の流れをお話したいと思います。

今回、我が家では高齢の父が、土曜日の夜に外出中に鍵を落としてしまいました。

しかも、名前の書いてあるカードと一緒に落としてしまったので即、警察に走りました。

その時の体験談になります。

遺失物届提出をする

書類に記入

まず真っ先に、最寄の警察に行き、落とし物として鍵が届いていないか確認してもらいました。

近辺の交番に連絡を取り、そう言った落し物が無いか確認されていました。

一緒に落とした物や状況などについてを詳しく説明し、遺失物届けを提出します。

身分証明書やハンコは不要でした。

遺失物の控えのナンバーを書いた紙を受け取り(地域によっては渡されない)、遺失物の届けがあれば連絡をしますとの事。

届け出てから後に鍵が見つかった場合、その旨を警察に教えて下さいとの事でした。

父はバスに乗ったので、バスの中で落とした可能性も高いので、バス会社の窓口にも遺失物届けをしておきました。

実際に探してみる

探す

警察の帰りに、落としたと思われる道のりを探してまわりました。

側溝、花壇、柵に掛かっていないかなど調べます。

しかし、結果どこにも見当たず、誰に拾われて家に侵入されるかわからないので、鍵を交換する手はずをとることにしました。

名前だけで自宅住所がヒットするかネットで調べてみる

インターネットで「住所検索」と入力し、名前を入力すると完璧な住所も電話番号も載っていて唖然としました。

名前の書いたものと一緒に落とした鍵を拾った人は、その家を突き止めることが出来てしまいます。恐ろしい。

その情報は消したいけど消せない模様です。

鍵交換業者を調べて見積もを依頼

鍵屋

鍵を交換する為にインターネットで鍵屋さんのホームページから、3社ほどピックアップして問い合わせました。

現状の鍵はディスクシリンダー(昔からあるギザギザとした鍵)ですが、ディンプルキー(小さな穴が掘られている、防犯性は高め)にしたかったので、そう伝えました。

鍵

大まかな金額のみ教えてくれましたが、「出張費と鍵本体で2万から5万で鍵にもよります。」とのことでした。

防犯性の高い鍵になればなるほど値段は高い。

選んだうちの1社は「家に直接見にきて見積ります。」と言うことなので来てもらいました。

数年前にハウスメーカーで見積もりしていた金額

実は数年前にディンプルキーに交換したくて、ハウスメーカーに見積りをとっていた金額が3万弱だったので、それを目安にしていました。

夜に鍵を落とした為に、翌日はハウスメーカーが休みで連絡がつかない為、せっかちな私はインターネットで即座に来ていただける業者を探しました。

業者に見積りに来てもらった時のやり取り

到着するなり、「ディンプルキーですよね?」と言って、車の後ろに積んである鍵の山から選び出し、いきなり扉の鍵を外して新しい鍵を付け始めましたので、

私「えっ?見積りお願いしてたんですど。」と、言うと、

鍵屋さん「そうなんすか?」と、取り付け途中の鍵を外そうとしたので、

私「それ、取り付けと本体でいくらですか?」

鍵屋さん「5万7千円になりますねぇ。」

《えっ?高すぎ》私の心の声

私「他の見積もりが半額なので、申し訳ないですが結構です。」

鍵屋さん「えっ、ほんとですか?」と、疑心暗鬼な表情だったので、見積書を提示すると、

鍵屋さん「わかりました。今回だけ三万でどうでしょう。」

《えっ、えっ?できるの?》私の心の声

私「では、緊急なのでお願いします。」

しかし、実際この金額は業者さんは、赤字だと嘆いていらっしゃいました。

どこに依頼しても、この金額は厳しくハウスメーカーだからなせる金額だと言っていました。

他の業者の確実な見積は出してないので真相はわかりません。

そんなこんなで交渉成立です。

鍵交換に掛かる時間

時間

鍵を交換すること事態は、上下タイプの鍵でしたが、10分かかってなかったと思います。早かったです。

スムーズに行けば、到着から支払いまで20分ほどで終わると思います。

合い鍵4本付でした。 

支払い

カード払い

カード払いもできましたが、支払いは現金で済ませました。(ほとんどの業者はカード払いが可能のようです。)

別の家の鍵も一緒に落としていた

家の鍵

実は落とした鍵には、もう一軒、別の家の鍵もついていたので、そちらの鍵も交換しようと言うことで、とりあえず私は鍵屋さんの見様見真似で鍵を外してみました。

自力で鍵交換にチャレンジ

上下に鍵が付いているのですが、上は簡単に外れました。

しかし下が何やら特殊なようで、途中で断念しました。

ハウスメーカーに鍵交換依頼をする

もうひとつの家は、ハウスメーカーに連絡して、提携している鍵業者を手配してもらいました。

私が断念した下の鍵交換に、1時間かかっていらっしゃいました。

そりゃ自力では無理だなと納得しました。

この扉は特殊な鍵がついていたようで、かなりのベテランの方でしたが、鍵の部品にかなり細いものがあり、無理をすると折れてしまうらしく、かなり慎重に交換されていました。

合い鍵5本付。

ハウスメーカーの金額

やはり交換費用は、3万かかりませんでした。

2軒とも鍵が交換できて、これでようやく安心して眠れます。

遺失物現る

そして10日後、「遺失物のお届けがありました。」と警察から連絡がありました。

遺失物届けを出したときに頂いた控えと、身分証明書を提示して、鍵とカードが帰ってきました。

どこに落ちてたのか聞いてみたら、バスの座席にあったとのことでした。

鍵は自分で交換できる

鍵の種類にもよりますが、実際にオーソドックスなタイプで型番が合えば、鍵本体を購入し自分で付け替え可能とのことです。

ホームセンターやインターネットでも販売しています。

しかし、型番を間違えば不具合を起こすことがあるようなので、はやりプロに依頼した方が安心です。

鍵や鍵以外にも普段からやっておきたい対策

  • 鍵に鈴をつけておく。(落とした時に音でわかりやすい)

  • 鍵をキークリップなどで、カバンに留めておく。(100均に売っています)

  • 鍵以外にも、財布(クレジットカード悪用されてしまう)や、携帯電話(ロックをかけていなければ即使用されてしまう)等も、落としてしまえばプチパニックになりかねませんので、万が一に備えて使用停止の連絡先を手帳などに控えておく。

まとめ

結局、鍵を落とした本人は、2軒分の鍵交換費用を出すことになり、その不意の出費が痛かったらしく、今後、自ら「鍵は持たない」と宣言し、鍵無し生活を送っています。

今回の鍵騒動では高齢の父が鍵を落とし、娘の私が色々と動いたり調べたりする事が出来たから良かったのですが、高齢者の一人暮らしであれば交番に駆け込む事になり、鍵屋を呼ばれ緊急で鍵を交換する事になれば、言われるがままになるでしょうし、高齢者でなくても、一人暮らしで急遽呼ばなくてはならない場合「しまった。安いところを調べておけば良かった!」と、後悔する事になりますので、これを読んで頂いた機会に近くの鍵屋さんや、金額など調べてみてはいかがでしょうか?

家の入口なので、しっかり閉めていても、部外者が持っていては意味がありませんので、セキュリティ万全で安心にすごしましょう!

www.nyaoblog.com