まいにち笑顔のNyao Blog

雑記ブログ:商品レビューや日常の出来事、高齢者との暮らしについて

ハイライトで輝き+立体感を手に入れて褒められ肌へ

いきなりですが〜、お肌に「艶」ありますか??洗顔後、化粧水や乳液等のスキンケア後には油分で肌に艶玉ができたとしても、化粧をすると艶が失われることがありませんか?

パウダーファンデーションならなおさら、マットになり艶はなくなり、下手をするとのっぺり能面のようになってしまったりしますよね。

そこで、大活躍するのが!「ハイライト」です。 ハイライトをひと塗りするだけで、ツヤんと艶玉ができて、輝きをまとうことができる簡単アイテムです。 疲れて元気の無い顔も、パッと明るく元気肌になれますし、頬に光を集め高さを出すことができるので、若見えも叶いますね。

そんなハイライトのご紹介です。

エクセル シャイニーパウダーN 全3色

SN-01 シルバーピンク:ふっくら女性らしいハリ肌に

SN-02 ゴールドベージュ:うるっとセクシーなハリ肌に

SN-04 ルーセントホワイト:圧倒的な透明感のあるハリ肌に

商品説明

透明感とメリハリのある立体感を演出するハイライトパウダー 、ひとはけでくすみや色ムラ、くまを瞬時にとばし、艶めく透明感とメリハリのある立体感を実現する、ハイライト&フェイスパウダー。「銀コーティングされたガラスのパール」と、オーロラカラーラメ配合で、くすみや色ムラ、クマを瞬時に飛ばし、透明感と立体感を演出します。

使用方法

ブラシでハイライトを頬やこめかみ、鼻筋や顎、デコルテ、首筋などに塗ります。

私の使用方法
  • 頬の高い位置にブラシでササッと塗り拡げ、そのままTゾーン鼻と顎に乗せます。

  • 次に中指に直接ハイライトを取り、目頭側のCゾーンに薄く塗ります。

  • 更に指にハイライトを取り口紅を塗った後、下唇の中央部分にチョンチョンと乗せ、下唇と上唇を合わせて上唇にハイライトを付着させます。唇も立体感がでます。

ハイライトを塗った顔の部分

感想

私は肌に赤みがあり比較的白めの肌で、ピンクが一番自然になじみました。ホワイトは本当に圧倒的な透明感が出ます。このハイライトはきらめき感は強目ですが、キラキラと小さなラメが嫌味なく肌を飾る感じです。私は、日中の仕事時には使用せず、アフターファイブにササッとほどこして、元気顔を作ったり、休日に使用しています。

部屋の蛍光灯の下で見るよりも、屋外で人に会った時の方が、「ツヤ綺麗、何使ってるの?」と聞かれる確率が高いので、自然光の下での方が断然にハイライトが映えるようです。

欲張って塗ってしまうと逆に、肌のキメがめだってしまいましたので、自分の肌への適量を見極めて使用しています。

若い頃はそこまでハイライトには興味が無かったのですが、年齢を重ねてくすみや疲れが肌に出るようになり、このハイライトでパッと明るさをプラスしてもらってます(^^)

使用上の注意

肌に異常が生じていないか、傷、はれもの、しっしん等異常のあるときは、使用を控え、使用中、または使用後日光にあたって、赤味・はれ・かゆみ・刺激・色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれたときは、使用を中止し、皮フ科専門医等にご相談されることをおすすめします。

全成分表示

【全色共通】 ラウリン酸亜鉛、リンゴ酸ジイソステアリル、トリエチルヘキサノイン、酢酸セルロース、イソステアリン酸水添ヒマシ油、ステアリン酸ソルビタン、ポリクオタニウム-51、トコフェロール、PVP、ジメチコン、水、メチルパラベン、(+/-) (PET/ポリメタクリル酸メチル)ラミネート、グンジョウ、タルク、ホウケイ酸(Ca/Al)、マイカ、金、銀、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、赤226

※商品の改良や表示方法の変更などにより、実際の成分と一部異なる場合があります。実際の成分は商品の表示をご覧ください