まいにち笑顔のNyao Blog

雑記ブログ:日々の工夫や体験、商品レビュー、ハンドメイド

ダイソー「ピアスキットCセット」の詳しい作り方、イヤリング派の方は別売のイヤリングパーツを購入すればOK

 

ダイソーの「ピアスキットCセット」の詳しい作り方

 

ピアスキット

 

このキットシリーズは必要なパーツのみセットされているので、無駄にパーツが余ってしまうと言う事がないので、キットを全種類制覇した辺りには、どのパーツがどれくらい必要であるかもわかってきますので、アクセサリー作りを始めようとしている方にはとても良い入り口になると思います。

まずは気に入ったデザインを一つ手に取り、自分の手で物が生み出される素敵さを体験してもらいたいです。

では、行ってみましょう。

 必要な道具

ニッパーの絵

上記のペンチを用意します。手芸コーナーには丸ペンチが売っています。平ペンチとニッパーは工具売り場にありますよ。初めに揃えておけば、後はジャンジャン作るのみです。(^-^)頑張っていきましょう~。

 

www.nyaoblog.com

 

有れば便利な道具

部品を入れる箱、ルーペ

作る前に部品は小さいので紛失しないように、箱などに入れておくと安心です。細かい作業なので、見えにくい場合はルーペも売っていますので活用しましょう。

入っているパーツ

アクセサリーのパーツ

(左列上から下へ)全て各2個、丸カンのみ3つ入っていましまたが、使用するのは2個です。イヤリング派の方はフックピアス部分がイヤリングを用意しましょう。

  • ソロバンカットビーズ 
  • メタルビーズ 
  • パール調ビーズ
  • ひし形パーツ

(右列上から下へ)

  • Tピン
  • 9ピン
  • 丸カン
  • フックピアス ※イヤリングの方はイヤリング
  • フック

ピアスの作り方

  ピアス作り方

1.ソロバンカットビーズを用意します。

2.ピンにソロバンカットビーズを通します。

3.写真の様にビーズに対して90度以上曲げます。これくらい曲げておいた方が綺麗な輪が作れます。(カット時に破片が飛んでケガをしないようご注意下さい。)そして、7ミリ残しカットします。

4.カットした先を丸ペンチで挟みます。持ち方は、お料理をする時にフライパンの取っ手を持つ時の状態で持ちます。

5,ビーズを反対の手の親指と人差し指でしっかりつまみ、手首を左回りにグイっと回転させ輪を作ります。

6.こんな感じになればOKです。

ピアス作り方

7.Tピンにパール調ビーズ、次にメタルビーズを入れます。

8. 90度以上曲げ、7ミリ残しカットします。

9.輪を作ります。

丸カンの、すき間の開け方の説明

10.Cカンの隙間を開けます。上の写真の説明通りに開けて下さい。

11.開くとこんな感じになります。

12.開いたところに、まず、写真9番を通します。

ピアス作り方

13.更にひし形パーツを通します。

14.次に写真6番を通し、丸カンを閉じます。パーツもぶら下がり細かい作業で閉じにくいですが、もう片方の左側を丸ペンチでつまみ、右側の平ペンチを手前にクイッと、倒す感じでひねると閉じやすいです。

15.カットビーズの丸カンに通さなかった方の輪を、上に持ち上げます。

16.カットビーズ部分をしっかり摘み持ち、手前に輪を開きます。

17.こんな感じに開きましたか?

18.そこにフックピアスを通し、丸カンを閉じます。イヤリングの場合はイヤリングパーツに通します。

ピアス完成品

はい完成~。お疲れ様でした。とてもエレガントで可愛らしいピアスが出来上がりました。耳元を華やかに飾ってくれます。

1つの形となり誕生した瞬間ですね。明日さっそく身につけてお出かけなんていかがでしょうか。\(^o^)/

アレンジ

ピアスアレンジ

こちらは、ちょっとアレンジしてみました。キットの中に入っている、白いパール調のビーズが単体(何個か入ってます。)で販売されていますので、3つを連結させプラスして長さを出しました。

長さを出す事で、さらに耳元で揺れが大きくなり、女っぽさを演出してくれます。少し巻いた髪を下の方で無造作に一つに束ねて、リップはカットビーズと同じ色にすると、統一感が出てオシャレ度がアップしますね。(*^^*)

イヤリングパーツも売っていますので、付け替えればイヤリングになります。

あとがき

初めに道具を揃えてしまえば、パーツが色々販売されていますので、デザインを考えて、自分で作ったアクセサリーと一緒にお出かけしたり、プレゼントしたり、キットをアレンジしたりと是非楽しんで下さいね。(^-^)

 

www.nyaoblog.com

 

 

www.nyaoblog.com