まいにち笑顔のNyao Blog

雑記ブログ:日々の工夫や体験、商品レビュー、ハンドメイド

アイブローテンプレートが便利~左右非対称の眉の整え方

生まれながらの綺麗に整った眉毛に憧れ続けて早ウン十年。私の眉は左右アンバランスで、高さも違うため左右を揃えるために、抜いたり切ったりしていてマロ眉状態です。

眉って有ると無いとでは、人相がだいぶ違ってきますし、形によってもイメージが全く変わってくるので、顔のパーツの中でも重要な役割を担っているなと思います。

いやっ、もともとの役割は、汗がダイレクトに目に流れないように、せき止める役割を担っている大切なパーツですね。

私のマロ眉は、アイブロウペンシルなどのメイク用品を駆使し、毎朝ひっしこいて眉毛を作成しています。

しかし、思うように左右対称に描く事が難しく、どうしても右側が上がり気味になってしまいます。

今まで、眉毛の形にくり抜かれたプレートを使用してみましたが、全く眉に合わず挫折。スタンプすれば瞬時に眉が出来るはずの商品では、大きさや形が合わず結果は無残。自作するも技術無く撃沈。何をしても上手く眉が描けず、あげくにアートメイクの検索をしている自分が出没。

そんな矢先、雑貨屋さんでクジラのしっぽのような形の「眉毛プレート」を見つけましたので、購入し使用してみました。

これが思いのほか上手いこといき、かなり時短になっているので、眉毛が左右非対称や描くのに時間かかって仕方ないわ!とお困りの方に、是非見ていただきたく「麿眉」から「外出できる眉」に変身する方法をお伝えしたいと思います。良かったら最後までお付き合い下さい。

アイブローテンプレート、左右非対称眉の整え方

もともとは三角眉でぼさぼさでした。年々、加齢とともに骨格もゆがみだしていて顔もゆがみが出てきているので、まゆの位置も差が出てきています。これは今すぐどうこうできないので、眉は描くっきゃないですね。

用意するもの

アイブロウアイテム

  • アイブローテンプレート

  • インテグレート スリムアイブローペンシル BR641 ※かなり極細でプレートと相性が良いです。

  • エクセルのパウダー&ペンシルアイブロウEX PD01

  • ケイト デザイニングアイブロウ3D EX-4 

眉の描き方

眉のかき方

  • 一番上:悲しいマロ眉です。

  • 真ん中:ペンシルを当てている眉山の位置に、アイブローテンプレートを写真の様に当てます。この時に斜めにならないようにします。インテグレートのスリムアイブ ローペンシルで、眉山の辺りに1.5cmほどの幅でプレートに沿って線を引き、プレートを外します。

  • これで眉を描くガイドラインができます。

眉のかき方 アイブローパウダー

次に太めのペンシルとパウダーで仕上げていきます。

  1. エクセルのパウダー&ペンシルアイブロウEXで、眉頭の下から先ほど描いたガイドラインを目指して隙間を埋めていきます。

  2. ケイト デザイニングアイブロウ3Dのブラシ左の細い筆先の方に、右の一番濃い色を取り眉尻が自然に見えるようにボカシます。

  3. ブラシ右の刷毛の方で左側の薄い色を取り、眉頭にのせ自然な感じに見えるようにボカシます。

  4. エクセルのペンシルについている、アイブロウブラシで全体をボカシます。

眉、完成!

眉

分かりやすく少し濃いめに描いています。毎日、ストレート眉にしています。太めのストレート眉は若干小顔効果も有りますのでお勧めです。時々、眉山に角度をつけてイメージを変えてみたりもしますが、印象はキッチリした感じだったり、きつく見られがちになります。

あとがき

アイブローテンプレートは、がっつりそれで描き込むのではなく、眉山にのみ使用し、ガイドラインを作ってあげれば、後はそこを基準に描き足して行けばいいので、眉を描くのがとても楽になりました。このプレートお店でなかなか見かけないので、気になった方は詳細見てみて下さい。