まいにち笑顔のNyaoBlog

商品レビュー・暮らしの工夫・ハンドメイド等のご紹介

白目にゼリー状の出来物が!「結膜嚢腫」実録体験談

白目にゼリー状の出来物が出来た経験がある人はいますか?

私の周りでは聞いたことが無かったので、とても不安になりました。

私はもともとシェーグレン症候群(唾液や涙が出にくい病気)と言う持病があり、花粉の時期にはアレルギーも重なり、白目が浮いて全体にブヨブヨとなる事はありましたが、ゼリー状の不思議な物体は初めてだったのです。

ググっても体験などほぼ見当たらず、ますます不安に…。

今そんな方のために、実録体験談をお話したいと思います。

白目にゼリー状の出来物が!「結膜嚢腫」実録体験談

目

瞬きをしたときに左目にゴロッと突っかかるような異物感があったので、愛用している10倍拡大鏡で確認してみました。

すると白目にプクプクとしたゼリー状の小さなふくらみの集まりが2箇所に出来ていて、「何これ??気持ち悪ッ」と不安になり眼科に行きました。

眼科で検査

眼圧や眼底、視力等の検査を行ってから、ゼリー状の物体の診察をして頂きました。

診察結果は「結膜嚢腫だね。」との事。

私「何ですかそれ?聞いたことないんですけど‥‥。」

医師「放置してても問題はないんだけど、違和感あるなら切って出しちゃおうか?」

私「わかりました…。」

と、表面上は怖くなんてありません平気です( ・`д・´)←みたいな顔してましたが、実際は「えっ!?白目を切る?出す?えっ?帰りたい!来るんじゃなかった!時よ戻れーっ!戻れ戻れ戻れーーっ!」と出来もしない呪文を唱えるほどパニックが到来していました。

医師「針で刺して中の水をチョチョチョと抜くだけだからね。でも袋ごと取らないと癖になってまた出来るんだよね〜。」

と医師は更に私のパニックをあおってきたのですが、パニックは私を通り越し、置いてきぼりの私に残された選択肢はただ一つ、私の心の中を見透かした医師の眼差しから放たれた「観念しなはれ。」の呪文にかかるのみでした。

結膜嚢腫について

原因は炎症、手術や外傷などがきっかで、結膜上皮の細胞が結膜の内側に入り、その細胞が上皮下で粘液を産生してしまうことにより、嚢胞が形成されてしまう状態です。

治療は大抵は症状が出ないため、放置していてかまわないそうです。

しばらく経過をみていると消える場合もあるそうです。

見た目や瞼の開閉が私のように気になる人は、細い針で嚢胞を刺し貯まっている液体を排出する処置をします。

嚢胞は十字に切りしっかり開いてあげると再発しにくくなるそうですが、嚢は残っているため根治したければ、手術により嚢胞を摘出しなければならないそうです。

結膜嚢腫の処置

眼科の機械

そして私の処置に話を戻します。

そこから、淡々と処置の準備が進みました。

まず目の周りを消毒して麻酔の目薬をさされ、台にあごをのせてオデコを固定し、更に背後から看護師さんに「動くと危険だから、後ろから頭押さえますね〜。」と優しい声の囁きとは裏腹の行動が施され、真正面の医師からは「ひたすら目は右側を見ていてください。絶対に正面を見ないことだけ心がけててね。」と言われ、もう「まな板の上の鯉」になることに心は揺るぎなく、しっかりと腹をくくりました。

そして、処置が始まりましたが、強い光が当たっていたのか何も見えませんし、感覚も無く何をしているのかさっぱりわからずでした。

瞼は瞬きができないように医師が開いていたのか、器具で開けていたのかは記憶に無いですが、瞬き自体は気にせずで大丈夫でした。

時間的にはおそらく3分くらいだったと思います。

この後、確か目を洗ってもらったと記憶していますが、すみません施術の前か後かが定かでありません。

目を洗うのも全く痛んだりしみたりもなく平気でした。

そして少し休んで会計をして、炎症止めの目薬を貰い帰宅しました。

処置をした箇所は、ウサギの目のように充血していましたが、2、3週間ほどで充血は消滅しました。

2年後、結膜嚢腫再発

がっかりする

そして、そしてですよ…。忘れた頃にヤツは現れたんです。(;´Д`)

2年目にして再発です。やはり嚢をとらないとダメなのか…と落胆です。

違和感を感じたのは仕事中に突然でした。

今回も拡大鏡で見てみますと、ビーズのような膨らみがプクプクと3つ集まり、離れた箇所に大きめのが一つできてまして、「うわぁーっ、でたぁー!」と見なかったことにしたい所だったのですが、とりあえずなんとか根性で引っ込められないものかと、常にウィンク状態を保ってみたり、恐ろしく早めに眠りにつき目を閉じている時間を長くしてみたりと、ささやかな抵抗をしてみました。

そしたらですよ、2日後に引っ込んだんです!消滅です。

「よっしゃーーーっ!!勝った!」と、喜んだのもつかの間、翌日またジワッと現れまして、私の心を持て遊ぶこの嚢腫に翻弄されていましたら、時はGWに突入してしまい眼科が長い休みに入ってしまいました。

眼科は休みでも私は仕事の為、バタバタと過ごしていました。

目は常にウィンク状態で、メガネ屋さんで販売されている、ゴーグルのようなドライアイ用のメガネをかけ、過保護に目を労りまくって過ごしました。

そして目の違和感にも慣れた為か、気にならなくなりアッという間にGWは過ぎ去りました。

「結膜嚢腫」自然消滅

さてと眼科に行こうと思い、嚢腫をチェックしてみましたら、「ん?いない!」ヤツは消えていました。

しかし、また出現するかもしれないし、次出たら眼科に行こう!と決意してから、早1ヶ月以上経ちますが、未だに現れる様子はなく過ごしております。

もしかすると、花粉症で目が炎症を起こしていたので、角膜も弱り誤作動を起こしていたのかもしれません。

労ることで目が修復できたのでしょうか。それは定かではありません。

今回は消滅しましたが、きっとまた出現するでしょうから、その時は即、眼科に行きます。

しかし、別の似た病気の可能性もあるかもしれませんので、異物が出来た時は速やかに眼科に行った方がいいです。

目は見えないととても大変ですから。この時、片目生活でしたが、片方だけ見えていても感覚が違いましたし、目は本当に大事だなと痛感しました。

あとがき

スマホ

現代人の日常はスマホ、パソコン、ゲーム等で目は酷使されていますので、ホットタオルで温めて血行を良くしてあげたり、休眼日を作り労るのもいいんじゃないかなと思います。

そんな事を書きつつ、ここまで読んでいただいた方には、目を酷使させてしまい申し訳ございません。(_)

眉毛の上下を人差し指と親指でつまみ、モミモミほぐすと、多少目がスッキリしますよ。(^^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。\(^o^)/