まいにち笑顔のNyao Blog

商品レビュー、暮らしの工夫、ハンドメイド等についてのご紹介。

歌手のディナーショーに初めて望むあなたへ

初めて歌手のディナーショーに望みましたので流れを伝えたいと思います。私が参加したのは、松田聖子さんのクリスマスディナーショーでした。ディナーショーは高額なので、気軽に行けるショーでないですよね。

いざ行くとなれば思い切り楽しまなくては損です。チケットは破格ですが、それ相応の価値がありました。

私の座った席は、一番後ろから2列目でしたので、ステージから25メートル延びる花道の先端に聖子さんが来ても、顔は見えませんでした。ですので、双眼鏡を持参すれば良かったと後悔しました。

しかし、全身から放たれる輝くオーラは半端なく、離れていてもしっかりと伝わりました。

ディナーショーの流れ

私は今回初めてディナーショーに参加したのですが、右も左もわからずいったいどんなものなのか?と、頭の中は?の嵐でしたので、同じように初めてディナーショーに行かれる方の参考になればと思い、簡単に流れをお伝えしたいと思います。

現地への到着時間

私は1時間ほど前に到着しましたが、すでに沢山の方が到着されていて、ポスターと写真をとったり、クリスマスツリーをバックに写真撮影をしたりされていました。  

クロークに荷物を預ける

ホテルに着いたらまずは、クロークにコートや大きなカバンは預けて、貴重品は自分で持っておきます。引き換えの番号札を渡されますので失くさないようにしましょう。

小さめのバッグに、貴重品や必需品を入れて開場に向かいます。極小のパーティーバッグではなくても大丈夫です。食事中は椅子の下の足元に置いたりしますし、グッズを買えばそれも手荷物になりますので、一気にまとめられる薄手の袋を準備しておくと、足元でごちゃつかないので良いかと思います。

薄着でも大丈夫?

ホテル内は空調が整っているので、薄着でも大丈夫です。が、寒がりな方はジャケットやショールなどを羽織っておくと安心です。席によっては多少スーッと風を感じます。

私は、始終全く寒くなかったのですが、連れは半袖だった為か食事が終わってから、寒い寒いと寒がっていました。

チケット確認

荷物を預けたら、チケット確認をします。予約名を聞かれるので答えます。

ウェルカムドリンク  

そして、会場前でウェルカムドリンクが用意されていますので、遠慮なく美味しく頂きます。立ったままラフなスタイルで頂きます。これがまた美味しかったです。

ポスターと一緒に写真撮影

ポスターと一緒に写真を撮るために長蛇の列が出来ているので、撮る方は並んでホテルの方が撮って下さいますので、思い出に残しましょう。

グッズ売り場

グッズも色々と販売されていますので購入できます。私はファーのバッグと香水、クマのチャームを購入しました。香水がとてもいい香りで、すごくお気に入りになりました。

赤いスイトピーも売っていました。名曲「赤いスイトピー」を歌われる時に、皆さん、ゆらゆらとスイトピーを曲に合わせて振っていました。

ディナーショーの会場へ入場

そうこうしている内に、時間になり開場されますので、チケットを見せて席に案内してもらいます。座ると直ぐに飲み物を聞かれますので注文します。

そして、間もなくディナーが運ばれてきます。一品食べ終わるとスムーズにお皿は引かれ、次の料理が直ぐに運ばれてきます。とても、美味しく頂きました。

ディナーショーの料理

会場内の撮影に関して

ショーが始まるまではスマホでの写真撮影は可能ですが、ショーが始まってからは撮影不可になります。

双眼鏡

双眼鏡やオペラグラスを使用している方もおられました。私は持って行かなかったので、猛烈に後悔しました。

食事中のマナー

マナーが全然わからないし、不安だなと思われている方もいらっしゃると思いますが、通常のディナーと違い1時間で食べ終えなければならないので、マナーがどうとか他人を気にも留める間もないので、多少間違えたとしても、食器の音がたってしまっても、誰も気にしてない様子でした。

実際に私も全くマナーはわからなかったので、フランス料理のマナーについて多少調べて頭に入れてから望みましたが、それで大丈夫でした。

出てきた料理に対して、端からフォークとナイフを使用していけば何とかなります。皆さんパクパクとスピーディーに食べていましたし、飲み物やパンに関しても、ウエイターさんがこまめに「如何ですか?」と伺いを立ててくれました。

そして、ディナーが終わるとショーまで少し時間がありますので、お化粧室に行っておきましょう。

ショーの途中に乾杯をするので、食事を終えても乾杯用に飲み物を置いておいた方がいいです。

ショーの始まり

そして時間ピッタリに、ショーが始まります。1曲目から即感動し、号泣してしまいました。涙がホロリと言うレベルではなく、オイオイと嗚咽級の号泣です。

周りの方に迷惑が掛かると思い、必死に堪えましたが、あふれる涙は止められませんでした。

しかし、聖子さんの素晴らしい歌声で、結構な嗚咽音は見事に包み込まれ、泣いても大丈夫でした、周りの方も涙されていました。感動しすぎてジタバタしてしまいました。

歌がとても上手く声が最高に綺麗で可愛くて、一言一言が丁寧に音に乗って心の中に沁み込んで、体中に広がりました。まさに鳥肌物で本当に素敵でした。

花道近くの席だったとしたら、私はどうなっていたか想像がつきません。後ろの方で良かったと思うほどの気持ちの収集のつかなさでした。

ディナーショー終了

ショーが終わり、クロークで荷物を受け取り、夢の一時は終わりとなります。クロークも混み合いますので、ディナー会場から少しゆっくり出ると混雑を避けられそうです。

ショーが終わっても、グッズ販売は続行していますので購入も出来ました。

ディナーショーへの参加の服装 

ホテルのディナーにはドレスコードがあります。フォーマルな装いにすると浮きません。殆どの方が披露宴に出席できるような服装でした。

着物の方、ロングドレス、膝丈のワンピース、ミニスカート、コスプレの方もいらっしゃいました。皆さん、綺麗にドレスアップされていました。色は黒率が高かったです。

ドレス

私は上記写真左の、黒の総レースのワンピースに、グレーのファーを合わせて高めのヒールを履いていきました。が、久々にヒールを履いて窮屈に感じてしまいました。

www.nyaoblog.com

男性の方はスーツの方が多く見受けられました。とてもオシャレをされているダンディな紳士の方が、多数いらっしゃいました。

上記のようなドレスの方もいらっしゃいました。

購入しても、その後ほとんど着る機会はないので、一層レンタルと言う手もあります。頭の先からつま先まで揃うので便利ですね。

参加者の年代 

参加されている方の年齢層は、見たところ30代から60代の方が大半を締めていると思われました。女性の方が多かったように見受けられました。

カップル、夫婦、親子、友達同士、お一人で参加の方もいらっしゃいました。来年は私もお一人様で参加しそうです。絶対に行きます。

あとがき

ディナーショーはコンサートと違い、歌手の方との距離がかなり近いですし、歌声もビシビシと全身に浴びることが出来ます。

赤いスイトピーを歌われた時、会場にもマイクを向けてくれて皆で合唱しましたが、それまた感動的でした。

ショーの時間は1時間と短いですが、憧れの大好きなアーティストを、直ぐ側に感じることができて感動や幸せを得られ、また来年も1年頑張ろうと思う気持ちをもらえて、満足感は大量に手に入れることができます。

ファンにとっては最高のクリスマスプレゼントです。1度は行ってみたいと思っていたディナーショーでしたが、行って本当に良かったです。お隣の席のおじさまは、奥様にねだられてディナーショーをプレゼントされたそうです。

費用がなかなかのものですが、一年頑張った自分へのご褒美に有りだなと思います。これから参加される方は、思いきり楽しんで来て下さいね。