まいにち笑顔のNyaoBlog

商品レビュー・暮らしの工夫・ハンドメイド等のご紹介

ダイソーのコンシーラーパレットとシルクタッチファンデーションのレビュー

ダイソーで販売されている「コンシーラーパレット」「シルクタッチファンデーション」を購入してベースメイクをしてみました。

ユーアーグラム コンシーラーパレットGN-1 グリーン

コーンシラー

肌悩みに合わせて選べる、3色展開のコンシーラーパレットで、単色使いはもちろん、色をミックスして自分の肌色に合わせて作ることもできます。

私は頬の赤みを消したいので、ニキビ跡・赤みカバー用のグリーン系を選びました。

他にもピンク系とイエロー系があります。

コーンシーラーの色味

腕の内側に塗ってみるとこんな感じで、実際の色味と変わりはないです。

かなり腕に赤みが出ていたので、コーンシーラー映えしています。

コーンシーラーで黒子を消す

腕にあるホクロが、どれくらい消えるのか塗ってみました。3回ほど取って肌にトントンと塗布しました。

けっこう消えてくれますが、ティッシュでOFFすれば簡単にふき取れてしまうので、単体で使用していて肌がこすれたら取れやすいと思います。

私の場合、頬の赤みにグリーンを使用すると、グリーンの発色がよければ赤みを隠すどころか逆に浮いてしまったり、赤みが落ち着いている時にはとても具合の悪そうな顔に見えてしまったりするので、グリーン単体ではコンシーラーを使わないようにしています。

ですので、こちらの三色パレットは混ぜて使用しました。

混ぜる割合は1対1対1です。

頬の赤みに一気に塗ってしまいたいので、塗布する時は指やチップではなくスポンジを使います。

スポンジ

使用したスポンジは、ダイソーの「リキッドファンデーションスポンジホイップ型」です。

水に濡らして吸水させることで大きく柔らかくなり、ファンデーションなどを均一に塗布することができるスポンジです。

しかし水を含ませると柔らかくなりすぎるので、このままの状態でコンシーラーを直接ポンポンと乗せて行きます。

この硬さがちょうど良いです。

では、さっそく塗っていきます。

お手入れをさぼっていてボロボロの肌なので、コーンシーラーの効果が分かりやすいと思います。

コーンシーラーを取ったスポンジ

左端のグリーンから、スポンジの広い面を押さえつけてひとまわしします。

真ん中と右端も同じように重ねてとっていきます。

コーンシラーを塗る前後

そのままダイレクトに、頬の赤みの気になるところに、ポンポンと抑えるように広げて行きます。

この時、横にこすらない方がいいです。

コンシーラーのような硬いテクスチャーのものは、こすり伸ばすと肌に負担がかかってしまい、シワやシミの原因になったりしますので、あくまで優しくポンポンと塗り広げます。

このコンシーラーは柔らかいテクスチャーで、自然なカバー力といった感じです。

いい感じに赤みが消えてくれました。

塗り終わった肌を手で触ってみると、しっとりしているので1日つけても乾燥はしませんでした。

このしっとり感は上にパウダーファンデーションを塗る場合、スポンジを使用するとヨレる可能性があるので、ポンポンと上から優しくのせた方が綺麗に着きます。

シルクタッチファンデーション(ベージュ10)

ファンデーション

こちら単体使いですと薄付きで、微細パール入りでとてもサラリとしています。

ファンデをブラシで取っている

スポンジではなく、ブラシを使用していきます。

すると均一にムラなく塗ることができました。

ハイライト塗布前後

写真左がファンデーション塗布後で、右がハイライトを入れて仕上げた肌です。

このファンデーションは、とてもサラリとしているので、コンシーラーのしっとり感を、ファンデーションの粉が吸収して、丁度いい感じに調和されました。

塗った後の肌を触ってみると、さらりとしっとりの共存した肌触りです。

ハイライトについて

使用したハイライトは、以前レビューしたハイライトです。

www.nyaoblog.com

ささっと一塗りで劇的に肌にツヤが生まれ、たちまち元気肌になれるお気に入りのハイライトです。

メイク8時間後

メイク後8時間

メイクをしてから8時間、一度もメイク直しをせずに肌の状態を見てみました。

その日の行動は、雨の中、自転車に乗り買い物に行き、ダイソーで1時間ほどうろうろして、スーパーで買い物をし、帰宅して夕飯の支度、部屋とお風呂の掃除など一般的な家事をして、部屋のクローゼットのかたずけをして過ごしたので結構動いた一日でした。

鼻周りはさすがに油浮きしていましたが、頬は全体的に劇的なくずれはありませんでした。

毛穴落ちも多少ありましたが、もっとボロボロに崩れるのかなと想像していたので、良い意味で裏切られました。

しかし化粧崩れが少なかったのは、冬場なので皮脂の分泌が活発ではないためだと思われます。

ただ多少くすみが現れました。

途中で1~2回軽く押さえる程度のメイク直しをすると、快適に過ごせるのではないかなと思いました。

肌荒れやニキビのトラブルもなく過ごすことができたので、休みの日はこのベースメイクをどんどん使っていきたいと思います。

あとがき

たった200円でベースメイクが完成する素晴らしい時代に感動すら覚えました。

アイシャドーなども色々な色が売っているので、自分に合った色を研究するにはもってこいだと思いますし、メイク道具も充実していて、至れり尽くせりすぎて毎回ダイソーさんに行くたびに、ため息と感動に見舞われています。

色々研究したいと思います。