まいにち笑顔のNyao Blog

商品レビュー、暮らしの工夫、ハンドメイド等についてのご紹介。

ダイソー「顔にメリハリ!立体感+ハイライトパウダー」の絶品艶玉レビュー

ハイライトとブラシハイライトとブラシ

ダイソーで中身の見えないパッケージに包まれたハイライトパウダーと、フェイスブラシも見つくろって購入してみましたのでご紹介致します。

私は普段エクセルのハイライトを使っているので、そちらとの比較もしていきたいと思います。

顔にメリハリ!立体感+ハイライトパウダー 価格200円(税抜き)

ハイライトパウダー

色展開は「パール」と「ホワイトパール」の2色がありました。

ハイライトを入れる位置

メイクの仕上げに、鼻筋や頬など立体感を出したい部分に、ブラシや指で塗布してなじませます。

容器の形状は、蓋をくるくる回し開けるタイプのものになります。

蓋を開けると中に小さな6個の穴が開いていて、逆さに向けるとそこから粉が出てくるようになっています。

ハイライトの粉飛び防止フィルム

初めは穴の部分に、透明フィルムが貼ってあるので、剥がしてから使用します。

粉の取り出し方

ハイライトの裏

粉を取り出すときは、蓋を閉めたまま容器を下に向け、反対の手のひらに2回ほど打ち付けて粉を出します。

この時、蓋をしっかり閉めていないと、粉が容器のふちや、蓋の横にはみ出しますのでご注意ください。

ハイライトをブラシで塗布してみる

ハイライトとブラシ

このブラシは、こちらの容器にジャストサイズで、とても取りやすいです。

ハイライトを塗布した手の甲

ピンクとホワイトをブラシで手の甲に塗布してみました。

何やら、物凄いツヤツヤが溢れています。

粉は粗目だなといった印象ですが、肌に塗るとサラリとしていてます。

指に取り伸ばしてみる

ハイライトを塗布した手の甲

粉を直接指に取り伸ばした場合、ホワイトとピンクでは明確に色の差が出ますが、そのまま指で全体的に広げてみると、そこまでの差は感じません。

  • ホワイト・・・肌に自然なツヤや透明感がでる

  • ピンク・・・・上気したように上品なツヤがでる

直接、粉を肌に乗せても一塊になることもなく、そのままスーッと伸ばすと綺麗に広がってくれます。

しかし、しっとりしたリキッドファンデーションなどの上に塗る場合は、指よりもブラシで塗る方が均一に塗布できると思います。

ホワイトとピンクを混ぜて使用

ハイライト2色を混ぜる

ピンクとホワイトを、半量ずつ混ぜて使用してみたところ、まさにその中間といった感じの色なりました。

ハイライト色味の比較

上記写真は単体との比較です。

エクセルのハイライトとの比較

ハイライト比較

普段使用しているエクセルのハイライトと比較してみますと、ラメやツヤ感はエクセルの倍ぐらいある様に感じます。

エクセルが「おしとやかな印象」でダイソーの方は「快活な印象」と言った感じです。

が、微妙な艶玉の差です。

使用してみての感想

容器が小さいので、クルクル回して開けるのが多少手間です。

ブラシで粉を取るとき、ごそっとブラシに粉がつきますので、粉を全体に含ませる時にかなり粉が飛びます。

しかし、塗布した感じは、なかなか綺麗なラメとツヤ感なので、結果オーライ問題無しです。

塗布位置の写真の箇所にハイライトを入れると、良い感じに立体感が生まれます。

頬に塗布すると、猛烈なツヤ感がどうなるんだろう?と多少心配しましたが、しっかりとブラシに含ませ頬にサッと塗ると、良い感じに艶玉が出来ました。

ツヤツヤが大好き‼と言う人には、嬉しい輝きだと思います。

そこまでツヤツヤを求めていません!!と言う人は、ササッとひと刷毛で充分だと思います。

個人的にはとても気に入りました。

イエロー系があると嬉しいなと思いました。

ユーアーグラム・フェイスブラシ04 価格100円(税抜き)

フェイスブラシ

毛の部分の素材はナイロンですが、粉含みが良く肌あたりがとてもソフトで優しいです。

100円で購入できるこの時代が素晴らしい!

ハイライトやシェーディング、チークに適していると説明書きにありますが、頬のハイライトに最適サイズです。

こちらのブラシは平たくなっているので、粉を含んだ後、左右の頬に平たい面を交互に使用すれば、均等に粉を塗布できます。

ブラシ部分が大きくもなく小さくもなく、柄の部分もマットで滑らず持ちやすいので、使い勝手がすごく良いです。

www.nyaoblog.com

使用上の注意

傷やはれもの肌に異常のある時は使わない。

使用後、日光に当たり赤み・はれ・かゆみ・刺激・色抜け(白斑など)黒ずみなどの異常が現れた場合、使用を中止し皮膚科専門医へ相談をする。

使用後はしっかり蓋を閉め、乳幼児の手の届かない所に保管する。

あとがき

いつもはエクセルのシャイニーパウダーを使用しているのですが底をついてきたため、今度は100均のハイライトを使ってみようと思いダイソーに行ってみました。

パッケージがアルミ調で中が全く見えなかったのですが、おそらくパッケージの色味と変わらないだろうと思い購入しました。

予想的中!中を開けてみるとパッケージの縁取りとほぼ同じ色味でした。

この商品を見た時に2色を混ぜ合わせると、いつも使っているシャイニーパウダーのシルバーピンクの色味になるかも⁉と思い購入してみました。

大正解でした。

ハイライトって顔が疲れ果てていても、パッとひと刷毛するだけで、艶を簡単に再現してくれて元気を与えてくれますし、マットなパウダーファンデーションにも、パッとひと刷毛でツヤ肌を完成させてくれます。

口紅後、唇の中央にポンと乗せても立体感が生まれ重宝します。

まだ使った事がない人は、お試しにも丁度いいお手頃価格なので、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。 (^-^)